チェーンリンク / Chainlink(LINK)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ チェーンリンク(LINK)]

チェーンリンク(LINK)

チェーンリンク / Chainlink とは

チェーンリンクとは、ブロックチェーンと外部システムを繋ぐミドルウェア(中間処理役)の機能を担うプラットフォームで、互換性のない異なるブロックチェーン同士を繋ぐことも可能
「分散型オラクル」を採用しており、分散型オラクルにおいてシェアNo.1
※オラクル:スマートコントラクト(自動契約プログラム)と外部データソースを接続するサービスのことで、情報源を検証し情報の橋渡しをしている
2017年9月にICO(資金調達)を経てローンチされ、2022年7月25日時点では時価総額ランキング23位
公式ブログで77のユースケースの実現を掲げている ex)分散型金融、外部への支払い、ゲーム、保険、政府機関など

チェーンリンクの通貨記号

「LINK」

チェーンリンクの創立者

セルゲイ・ナザロフ氏、スティーブ・エリス氏による共同創立
2021年12月にGoogle社の元CEOであるエリック・シュミット氏が戦略アドバイザーに就任

チェーンリンクのオフィシャルHP

https://chain.link/

チェーンリンクの特徴

  • 分散型オラクルは、対象の外部データを連結された複数のノード(端末)で検証することにより、データの信頼性を上げている
  • ブロックチェーン技術を外部のシステムで利用することもでき、既に大手電子決済や銀行決済に導入されている ex)PayPalなど
  • 互換性のない異なるブロックチェーン同士を繋ぐことも可能で、例えば本来繋げることの出来ないビットコインとイーサリアムをリンクできるようになる(クロスチェーン技術と呼ばれる)
  • SWIFT(国際銀行間通信協会)やGoogle社など大手企業・団体と提携している
    ※SWIFTとは、世界各国の銀行・金融機関を結ぶ安全性の高いネットワークで、銀行間の金融取引の仲介と実行を担う団体

LINKの供給量

LINKの発行上限は設定されておらず、現在の市場流通量は約4億7000万枚
オラクルのノードがルールに従い有効データを提供すると報酬としてLINKが支払われる

チェーンリンク(LINK)取扱取引所

チェーンリンク(LINK)は日本×海外の取引所で取り扱われています

LINK(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ モネロ(XMR)]

    モネロ(XMR)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Gemini Dollar (GUSD)]

    Gemini Dollar(GUSD)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[テザー(USDT)]

    テザー(USDT)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Amp(AMP)]

    Amp(AMP)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Hooked Protocol(HOOK)]

    Hooked Protocol(HOOK)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ イーサリアムクラシック(ETC)]

    イーサリアムクラシック(ETC)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ GMX(GMX)]

    GMX(GMX)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Synapse(SYN)]

    Synapse(SYN)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Balancer(BAL)]

    Balancer(BAL)