Osmosis / オズモシス(OSMO)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Osmosis(OSMO)]

Osmosis(OSMO)

Osmosis / オズモシス とは

Osmosisとは、Cosmosブロックチェーン上で開発されているDEX(分散型取引所)
異なるブロックチェーン間で取引できるクロスチェーンに対応
取引形式はAMM(自動マーケットメーカー)を採用
複数のステーキングを同時に利用できるSuperfluid Staking(超流動的ステーキング)を提供
2021年6月にローンチし、2022年11月7日現時点で時価総額ランキング87位

Osmosisの通貨記号

「OSMO」
ガス代(取引手数料)、通貨保有量に応じて報酬を得ることができるステーキング、運営に関わる提案への投票権としてのガバナンストークンなどに使用されている

Osmosisの創立者

インド人のブロックチェーン起業家Sunny Aggarwal氏によって設立された

OsmosisのオフィシャルHP

https://osmosis.zone/

Osmosis(OSMO)の特徴

  • 異なるブロックチェーンの通貨同士で直接取引可能なクロスチェーン技術を導入しており、ユーザーにとって利便性が向上
  • スマートコントラクト(契約自動化システム)によって、需要と供給に基づき価格を決定するAMM(自動マーケットメーカー)を採用することで初心者でも利用しやすい
  • 複数のステーキングを同時に利用できるSuperfluid Staking(超流動的ステーキング)では、
    例えば取引をメインに利用する流動性プールにOSMOトークンをステーク(預け入れ)し、さらにセキュリティ確保のためにOSMOトークンをステークすることもできる
    これにより、1つのDEXで2つのステーキング報酬を獲得可能
  • 2022年11月上旬、大手暗号資産(仮想通貨)取引所BINANCEにOsmosis(OSMO)が上場したことで時価総額ランキングが急上昇したため、今後に期待できる

OSMOの供給量

OSMOの発行上限は10億枚で、現在の市場流通量は約2億8,000万枚

Osmosis(OSMO)取扱取引所

Osmosis(OSMO)は海外の取引所で取り扱われています

OSMO(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[Avalanche(AVAX)]

    アバランチ(AVAX)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Flux(FLUX)]

    Flux(FLUX)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ IOST(IOST)]

    IOST(IOST)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ビットコインゴールド(BTG)]

    ビットコインゴールド(BTG)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ BitDAO(BIT)]

    BitDAO(BIT)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ GateToken(GT)]

    GateToken(GT)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[トロン(TRON)]

    トロン(TRON / TRX)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Kadena(KDA)]

    Kadena(KDA)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Serum(SRM)]

    セラム(SRM)