Pax Dollar(USDP)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Pax Dollar(USDP)]

Pax Dollar(USDP)

Pax Dollarとは

Pax Dollarとは、フィアット通貨(法定通貨)を担保にする分散型ステーブルコインプラットフォーム
※ステーブルコイン:法定通貨や金と暗号資産(仮想通貨)が連動する通貨【USDPは米ドルと連動】
イーサリアムブロックチェーン上に構築されている
比較的安定したステーブルコインの特徴を活かし、流動的で摩擦のないグローバルな交換システムの構築が目的
ブロックチェーン技術を利用することで、デジタル資産と証券やコモディティといった金融商品を、誰でも・いつでも・どこでも低コストで取引が可能
2018年9月にPaxos Standard(PAX)としてローンチされ、2021年8月に「Pax Dollar(USDP)」へ名称変更
2022年11月18日現時点で時価総額ランキング43位

Pax Dollarの通貨記号

「USDP」イーサリアムのERC-20規格
1USDP=1米ドルになるようペッグされている

Pax Dollarの創立者

米国金融機関のPaxos社によって設立された
Paxos社は同社CEO(最高経営責任者)でもあるCharles Cascarilla氏、Rich Teo氏による共同設立

Pax DollarのオフィシャルHP

https://paxos.com/usdp/

Pax Dollar(USDP)の特徴

  • 発行元であるPaxos社はニューヨーク州金融監督局から暗号資産事業を規制の範囲内でサービス提供する許可を得ており、PaypalやMastercardといった大手金融企業と提携しているため信用度が高い
  • ブロックチェーン技術の活用により、最小限のリスクで安定した資産取引を実現
  • 最低換金額は100米ドルで、換金の際の手数料は発生しない

USDPの供給量

USDPの発行上限は設定されておらず、現在の市場流通量は約9億4,500万枚
[米ドルをUSDPに交換する流れ]
Paxosアカウントに米ドルを入金する
→Paxosが自動的に入金額と同等のUSDPを発行し、口座へ送金
USDPを米ドルに交換する流れも上記と同様だが、USDPから米ドルに交換後、USDPはバーンされる
※バーン(焼却):流通済みの通貨を使用不可能にすることで、価値保存やデフレ防止が目的

Pax Dollar(USDP)取扱取引所

Pax Dollar(USDP)は海外の取引所で取り扱われています

USDP(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Nervos Network(CKB)]

    Nervos Network(CKB)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ SingularityNET(AGIX)]

    SingularityNET(AGIX)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ THORChain(RUNE)]

    THORChain(RUNE)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[トロン(TRON)]

    トロン(TRON / TRX)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[テザー(USDT)]

    テザー(USDT)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Chromia(CHR)]

    Chromia(CHR)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ MXC(MXC)]

    MXC(MXC)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Casper(CSPR)]

    Casper(CSPR)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Audius(AUDIO)]

    Audius(AUDIO)