ビットコインSV / Bitcoin SV(BSV)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Bitcoin SV(BSV)]

ビットコインSV(BSV)

ビットコインSV / Bitcoin SV とは

2017年8月にビットコイン(BTC)のハードフォークによってビットコインキャッシュ(BCH)が誕生し、
2018年11月にビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークによって誕生したのがビットコインSV(BSV)
SVは「Satoshi Vision」の略称で、ビットコインSVはビットコインの発案者であるサトシナカモトの理念を継承したブロックチェーンプラットフォーム
ビットコインが抱える、取引量増加による取引処理の遅延や手数料高騰といったスケーラビリティ問題の解決を目指している
スマートコントラクト(契約自動化システム)を実装
2022年8月18日時点で時価総額ランキング49位

ビットコインSVの通貨記号

「BSV」

ビットコインSVの創立者

自身こそサトシナカモトであると主張している起業家のCraig Wright氏と、同じく起業家のCalvin Ayre氏による共同設立

ビットコインSVのオフィシャルHP

https://bitcoinsv.com/

ビットコインSV(BSV)の特徴

  • ビットコイン(BTC)が抱えるスケーラビリティ問題を解決するために誕生したビットコインSVは、ブロックチェーンのブロックサイズを拡大することで問題の解決を実現
    ビットコインのブロックサイズは1MB、1秒当たりの取引件数は約5件、手数料は現在のレートで約300円に対し、
    ビットコインSVのブロックサイズは4GB、1秒当たりの取引件数は1,000件、手数料は現在のレートで約0.082円
  • コンセンサスアルゴリズム(合意形成)はビットコインと同様にPoW(Proof of Work)を採用
  • スマートコントラクトを実装したことでDApps(分散型アプリケーション)の構築が可能となり、すでに数百種類ものアプリが開発されている
  • ビットコイン(BTC)の理念である価値の保存・決済手段を継承しつつ、DAppsの開発という実用的な機能も兼ね備えている
  • 2022年6月、暗号資産(仮想通貨)取引所Huobi Japanにて国内で初めて取り扱いが開始された

BSVの供給量

BSVの総供給量はBTCと同じ2,100万枚で、現在の市場流通量は約1,900万枚

ビットコインSV(BSV)取扱取引所

ビットコインSV(BSV)は国内×海外の取引所で取り扱われています

BSV(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Ontology Gas(ONG)]

    Ontology Gas(ONG)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Lido Staked ETH(stETH)]

    Lido Staked ETH(stETH)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Hive(HIVE)]

    Hive(HIVE)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ジャスミーコイン(JASMY)]

    ジャスミー(JASMY)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Threshold(T)]

    Threshold(T)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Gnosis (GNO)]

    Gnosis(GNO)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Voyager Token(VGX)]

    Voyager Token(VGX)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ MXC(MXC)]

    MXC(MXC)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Render Token(RNDR)]

    Render Token(RNDR)