dYdX(DYDX)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ dYdX(DYDX)]

dYdX(DYDX)

dYdXとは

dYdXとは、非中央集権のDEX(分散型取引所)
イーサリアムのレイヤー2プロトコルで、高速な取引処理と手数料低減を実現
証拠金取引が可能
流動性プールに流動性を提供することでステーキング報酬獲得可能
スマートコントラクト(契約自動化システム)に対応
2021年9月にローンチされ、2022年11月14日現時点で時価総額ランキング139位

dYdXの通貨記号

「DYDX」保有量に応じて取引手数料が割引されるほか、
ステーキング、運営に関わる提案への投票権としてのガバナンストークンなどに使用される

dYdXの創立者

起業家でブロックチェーン技術プログラマーとしての経験を持つAntonio Juliano氏によって設立され、dYdXのCEO(最高経営責任者)も務めている

dYdXのオフィシャルHP

https://dydx.community/dashboard

dYdX(DYDX)の特徴

  • ユーザー増加に伴う取引処理速度の遅延や手数料の高騰といったスケーラビリティ問題を解決するため、イーサリアムのレイヤー2を実装
    レイヤー2ではセキュリティ技術のゼロ知識ロールアップ形式「zkSTARKS」を採用することで、スマートコントラクトによる検証をオフチェーンで行うことができ、高速で安価な取引処理を実現
  • 証拠金取引が可能で、最大25倍のレバレッジを提供している
    ※証拠金取引:資金(証拠金)を預けて取引を行うことで、レバレッジをかけると預けた証拠金以上の額で取引が可能となる
  • 通貨をステーキング(預け入れ)すると流動性プールのLP(流動性提供者)になることができ、提供した報酬としてDYDXトークンの獲得が可能

DYDXの供給量

DYDXの総供給量は10億枚で、現在の市場流通量は約6,500万億枚

dYdX(DYDX)取扱取引所

dYdX(DYDX)は海外の取引所で取り扱われています

DYDX(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[リップル(XRP)]

    リップル(Ripple / XRP)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Kadena(KDA)]

    Kadena(KDA)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ チリーズ(CHZ)]

    チリーズ(CHZ)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Gala(GALA)]

    Gala(GALA)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Reserve Rights(RSR)]

    Reserve Rights(RSR)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ GMX(GMX)]

    GMX(GMX)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ インターネットコンピュータ(ICP)]

    インターネットコンピュータ(ICP)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ EthereumPoW(ETHW)]

    EthereumPoW(ETHW)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ チェーンリンク(LINK)]

    チェーンリンク(LINK)