SushiSwap / スシスワップ(SUSHI)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ SushiSwap(SUSHI)]

SushiSwap(SUSHI)

SushiSwap / スシスワップ とは

SushiSwapとは、イーサリアムブロックチェーン上に構築されているDEX(分散型取引所)
DEX最大手と言われているUniswap(UNI)が公開しているソースコードを基に作られた
暗号資産(仮想通貨)取引だけでなく、流動性プールやイールドファーミングなど様々なサービスを提供
2020年9月にローンチし、2022年10月26日現時点で時価総額ランキング139位

SushiSwapの通貨記号

「SUSHI」
運営に関わる提案への投票権としてのガバナンストークン、通貨を保有することで報酬を獲得できるステーキング等として使用されている

SushiSwapの創立者

Chef Nomi氏を中心に、sushiswap氏、0xMaki氏による共同設立
同3名は仮名で活動しており詳細不明

SushiSwapのオフィシャルHP

https://www.sushi.com/

SushiSwap(SUSHI)の特徴

  • SushiSwapの主な機能
    【流動性プール】
    同等価値の2つの通貨をプールに預け入れることで流動性の提供者となり、報酬を得ることができる
    【スワップ】
    保有通貨とSushiSwap取り扱い通貨を交換することができ、取引手数料と、交換する通貨をプールしているユーザーへの報酬を支払う必要がある
    【Onsen(イールドファーミング)】
    あらかじめ指定されたERC-20規格トークンとステーブルコインのペアを預け入れることで報酬を得ることができ、高利回りが期待できる通貨ペアもある
    【Kashi(貸し)】
    通貨の貸し借りができる
    【Shōyu(醤油)】
    NFT(非代替性トークン)プラットフォームで、NFT売買だけでなくNFTアーティストの紹介やクリエイター支援を行っている
    【MISO(味噌)】
    IDOプラットフォームで、取引所上場前の銘柄を先行販売して資金調達を行っている
    ※詐欺目的の銘柄も含まれているため購入には注意が必要

SUSHIの供給量

SUSHIの発行上限は2億5,000万枚で、現在の市場流通量は約1億2,700万枚

SushiSwap(SUSHI)取扱取引所

SushiSwap(SUSHI)は海外の取引所で取り扱われています

SUSHI(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ アクシー・インフィニティ(AXS)]

    アクシー・インフィニティ(AXS)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Huobi Token(HT)]

    フォビトークン(HT)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Fei USD(FEI)]

    Fei USD(FEI)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ インターネットコンピュータ(ICP)]

    インターネットコンピュータ(ICP)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[トロン(TRON)]

    トロン(TRON / TRX)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Voyager Token(VGX)]

    Voyager Token(VGX)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ステラルーメン(XLM)]

    ステラルーメン(XLM)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ジャスミーコイン(JASMY)]

    ジャスミー(JASMY)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[Avalanche(AVAX)]

    アバランチ(AVAX)