Flow/ フロウ(FLOW)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Flow(FLOW)]

Flow(FLOW)

Flow/ フロウとは

Flowとは、新世代のゲームやアプリ及びそれらを稼働させるデジタル資産管理の基盤として設計された、高速・安全・開発者に優しいブロックチェーン
人気NFTゲーム「クリプトキティ」を提供したことで知られるDapper Labs社が開発
Flowのブロックチェーン上で使用される暗号資産(仮想通貨)が「FLOW」
2021年6月、独自ステーブルコイン「Flow USD(FUSD)」を発行
取引処理の遅延や手数料高騰といった問題を抱えるスケーラビリティ問題への対策として、承認手続きを4つに分けて処理する方法で取引処理の高速化を実現
簡易的で修得しやすいプログラミング言語「ケイデンス」を採用
2022年8月3日時点で時価総額ランキング35位

Flowの通貨記号

「FLOW」ブロックチェーン名称を同様にフロウと読む

Flowの創立者

人気NFTゲーム「クリプトキティ」をはじめ、様々なNFTゲームやアプリを開発しているDapper Labs社が開発
Dapper Labs社パートナーとしてはWarner Music Group、NBA、UFCなどが挙げられる

FlowのオフィシャルHP

https://flow.com/

Flow(FLOW)の特徴

  • イーサリアムなどに見られるスケーラビリティ問題への対策として、承認手続きの工程を
    [Collection(収集)][Consensus(合意)][Execution(実行)][Verification(検証)]
    の4つに分け、それぞれを担当して処理することにより処理速度が格段に速くなった(マルチノード構成という)
  • 2021年6月、法定通貨と暗号資産が連動する通貨であるステーブルコイン「Flow USD(FUSD)」を発行
    米ドルと連動させ、価値を安定させることでFLOWの価値を投資対象として上昇させる狙い
  • 簡易的で修得しやすいプログラミング言語「ケイデンス」が採用されており、ソフトウェア開発に便利な「SDK」も用意されているため、専門的な知識が無くても開発しやすい環境

FLOWの供給量

FLOWの総供給量は14億枚で、現在の市場流通量は約10億枚

Flow(FLOW)取扱取引所

Flow(FLOW)は海外の取引所で取り扱われています

FLOW(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[カルダノ(ADA)]

    エイダコイン(ADA/Cardano)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ モネロ(XMR)]

    モネロ(XMR)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ アクシー・インフィニティ(AXS)]

    アクシー・インフィニティ(AXS)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ポルカドット(DOT)]

    ポルカドット(Polkadot / DOT)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ステラルーメン(XLM)]

    ステラルーメン(XLM)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[FTXトークン(FTT)]

    FTXトークン(FTT)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ テゾス(XTZ)]

    テゾス(XTZ)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ザ・サンドボックス(SAND)]

    ザ・サンドボックス(SAND)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[UNUS SED LEO(LEO)]

    UNUS SED LEO(LEO)