Mina / ミナ(MINA)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Mina(MINA)]

Mina(MINA)

Mina / ミナ とは

Minaとは、DApps(分散型アプリケーション)をより効率的に実行できるようにするために開発された最小限で簡潔なブロックチェーンプロトコル
「zk-SNARK」という技術を導入することでブロックチェーンのブロックサイズを大幅に縮小可能
ブロックサイズは22KBを維持しており最軽量であると言われている(ビットコインのブロックサイズは1MB)
2017年にCoda Protocolとして設立され、2020年10月に「Coda Protocol」から「Mina」にリブランディングされた
2022年9月16日時点で時価総額ランキング87位

Minaの通貨記号

「MINA」

Minaの創立者

2017年にO(1) Labsによって設立

MinaのオフィシャルHP

https://minaprotocol.com/

Mina(MINA)の特徴

  • 「zk-SNARK」という技術を導入することでブロックチェーンのブロックサイズを大幅に縮小でき、誰でも簡単にネットワークに参加できるようになった
    ※zk-SNARK(非対話型ゼロ知識証明):ユーザーが秘密データ(パスワードや取引内容等)を公開することなく、そのデータに真贋性があることを証明できる技術
  • Minaのネットワークは3つの役割によって運用されている
    Verifiers(検証者):zk-SNARKをダウンロードする役割
    Block Producers(ブロックプロデューサー):いわゆるマイナー(採掘者)で、取引を検証し報酬を受け取る
    SNARKER(スナーカー):取引検証に必要なzk-SNARKを作成する役割で、SNARKS料金を提示してブロックプロデューサーが入札する
  • 一般的なブロックチェーンはインターネットと接続しないが、MinaはあらゆるWebサイトと非公開で接続でき、開発者はインターネット上のデータを簡単にブロックチェーン上に持ち込むことができ、ユーザーのプライバシーが侵害されることはない
  • コンセンサスアルゴリズム(合意形成)はPoS(Proof of Stake)を採用
    通貨をネットワークに預け入れることで報酬を得られるステーキングに対応しており、ユーザーはステーキングをブロックプロデューサーに委任することも可能

MINAの供給量

MINAの最大供給量は824,104,972枚で、現在の市場流通量は約6億7,600万枚

Mina(MINA)取扱取引所

Mina(MINA)は海外の取引所で取り扱われています

MINA(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[テザー(USDT)]

    テザー(USDT)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ TerraClassicUSD(USTC)]

    TerraClassicUSD(USTC)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ コスモス(ATOM)]

    コスモス(ATOM)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Zcash(ZEC)]

    Zcash(ZEC)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ステラルーメン(XLM)]

    ステラルーメン(XLM)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ THORChain(RUNE)]

    THORChain(RUNE)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ラップドビットコイン(WBTC)]

    ラップドビットコイン(WBTC)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Holo(HOT)]

    Holo(HOT)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Aave(AAVE)]

    Aave(AAVE)