Fei USD(FEI)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Fei USD(FEI)]

Fei USD(FEI)

Fei USDとは

Fei USDとは、ブロックチェーン上の暗号資産(仮想通貨)を担保とする分散型ステーブルコインプラットフォーム
※ステーブルコイン:法定通貨や金と暗号資産(仮想通貨)が連動する通貨【FEIは米ドルと連動】
DeFi(分散型金融)プロトコルで活用させるために開発された
ネイティブトークンFEIとガバナンストークンTRIBEの2つの暗号資産によって稼働している
2020年12月に設立され、2022年9月5日時点で時価総額ランキング83位

Fei USDの通貨記号

「FEI」1FEI=1米ドルになるようペッグされている

Fei USDの創立者

Fei LabsのCEO(最高経営責任者)でソフトウェアエンジニアでもあるJoey Santoro氏、プロジェクトの経営主任であるBrianna Montgomery氏、ソフトウェアエンジニアのSebastian Delgado氏による共同設立

Fei USDのオフィシャルHP

https://fei.money/

Fei USD(FEI)の特徴

  • FEIはステーブルコインに求められる安定性の確保のため、ガバナンストークンのTRIBEは流動性の確保のためであり、それぞれを利用することでステーブルコインとしての価値を高めている
    ※ガバナンストークン:運営方針や重要な意思決定の際に投票権として利用される
    ※流動性:金融商品の売買が成立しやすい状況にあるかどうかを判断する指標
  • 「1FEI=1米ドル」を基軸とし、1FEIが1米ドルよりも低い時に売るとペナルティが発生し、逆に買うと報酬を獲得することができる
    これによって価格乖離が起きにくくなる仕組み

FEIの供給量

FEIの発行上限は設定されておらず、現在の市場流通量は約4億2,000万枚

Fei USD(FEI)取扱取引所

Fei USD(FEI)は海外の取引所で取り扱われています

FEI(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Kusama(KSM)]

    Kusama(KSM)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Arweave (AR)]

    Arweave(AR)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Aave(AAVE)]

    Aave(AAVE)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ クアント(QNT)]

    クアント(QNT)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ アクシー・インフィニティ(AXS)]

    アクシー・インフィニティ(AXS)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ GateToken(GT)]

    GateToken(GT)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ STEPN(GMT)]

    STEPN(GMT)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ビットトレント(BTT)]

    ビットトレント(BTT)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ベーシックアテンショントークン(BAT)]

    ベーシックアテンショントークン(BAT)