Biconomy(BICO)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Biconomy(BICO)]

Biconomy(BICO)

Biconomyとは

Biconomyとは、DApps(分散型アプリケーション)のオンボーディングとトランザクション(取引)の向上を目的としたマルチチェーンリレープロトコル
Web2製品と同様にWeb3製品を使いやすいものにすることを目指している
異なるブロックチェーンで使用されている暗号資産(仮想通貨)同士の取引をスムーズかつ安価で送金可能
ガス代(取引手数料)が無料
2021年12月にローンチされ、2023年1月19日現時点で時価総額ランキング160位

Biconomyの通貨記号

「BICO」ネイティブユーティリティトークン
ガス代の支払い、通貨をネットワークに預け入れることで報酬を得られるステーキング、運営に関わる提案への投票権としてのガバナンストークンなどに使用されている

Biconomyの創立者

中国、イギリス、アラブ首長国連邦のブロックチェーン業界で豊富な経歴を持つAhmed AI-Balaghi氏、ブロックチェーン起業家のSachin Tomar氏、UAEのブロックチェーンプロジェクトに携わっていたAniket Jindal氏による共同設立

BiconomyのオフィシャルHP

https://www.biconomy.io/

Biconomy(BICO)の特徴

  • マルチチェーン分散型ネットワークを構築しており、スマートコントラクト(契約自動化システム)を利用することで、異なるブロックチェーンで使用されているトークン同士の取引を、スムーズかつ安価で送金可能
    Hyphenと呼ばれるプロダクトにより、両方のチェーンでトークンの流動性を確保するため、最初のチェーンでトークンを獲得した後、2番目のチェーンのトークンを流動性プールから即時リリースする仕組み
  • Gaslessソリューションにより、プロジェクトがガス代を負担することで、ユーザーはスマートコントラクトで発生するガス代を支払う必要がなくなる
    Biconomyのリレイヤーがチェーンにガス代を支払い、月末にDApps運営者がリレイヤーに対してガス代を支払う仕組み
  • バイナンスをはじめ、多くの著名なVCから出資されている
    ※VC(Venture Capital):日本語でベンチャーキャピタル。ベンチャーなどの未上場企業に投資をし、ハイリターンを狙う投資会社のこと。

BICOの供給量

BICOの総供給量は10億枚で、現在の市場流通量は約4億5,700万枚

Biconomy(BICO)取扱取引所

Biconomy(BICO)は海外の取引所で取り扱われています

BICO(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ MXC(MXC)]

    MXC(MXC)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Mina(MINA)]

    Mina(MINA)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Aptos(APT)]

    Aptos(APT)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ メイカー(MKR)]

    メイカー(MKR)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Radicle(RAD)]

    Radicle(RAD)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Rocket Pool(RPL)]

    Rocket Pool(RPL)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Civic(CVC)]

    Civic(CVC)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ クアント(QNT)]

    クアント(QNT)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ WEMIX(WEMIX)]

    WEMIX(WEMIX)