ShibaSwap / シバスワップ(BONE)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Bone ShibaSwap(BONE)]

ShibaSwap(BONE)

ShibaSwap / シバスワップ とは

ShibaSwapとは、SHIBA INU(SHIB)が展開するDEX(分散型取引所)
イーサリアムのメインネット上に構築されている
取り扱い通貨はBONE、SHIB、LEASHで、通貨の交換(Swap)や通貨を預け入れることで報酬を得られるステーキングサービスの利用が可能
2021年9月にローンチされ、2022年11月28日現時点で時価総額ランキング167位

ShibaSwapの通貨記号

「BONE」ERC-20規格
ステーキング、運営に関わる提案への投票権としてのガバナンストークンなどに使用されている

ShibaSwapの創立者

SHIBA INUの創設者でもある「Ryoshi」という匿名の人物によって開発・リリースされた

ShibaSwapのオフィシャルHP

https://shibaswap.com/

ShibaSwap(BONE)の特徴

  • スワップできるのはイーサリアムのERC-20規格トークンのみが対象となる
  • 「DIG」という流動性プールにSHIBAトークンをロック(預け入れ)すると、報酬としてBONEトークンを獲得することができ、ロックする量に応じて報酬が変動する仕組み
  • 「Woof」と呼ばれるイールドファーミングでは、流動性プロバイダー(提供者)は、SSLP(ShibaSwap Liquidity Pool)トークンによって補償され、必要な時にBONEトークンと引き換えが可能
  • ShibaSwapを支えるガバナンスシステム「Doggy DAO(分散型自律組織)」は、Woofへの出資や運営に関わる提案への投票権を与えている
  • 独自NFT(非代替性トークン)である「SHIBOSHIS」は、ShibaSwapが提供するゲームプロジェクトShiboshi Gameの一部で、ユーザーは購入、交換、構築が可能

BONEの供給量

RENの発行上限は2億3,000万枚で、現在の市場流通量は約1億5,600万枚

ShibaSwap(BONE)取扱取引所

ShibaSwap(BONE)は海外の取引所で取り扱われています

BONE(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Celo(CELO)]

    Celo(CELO)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Steem(STEEM)]

    Steem(STEEM)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Storj(STORJ)]

    Storj(STORJ)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Gala(GALA)]

    Gala(GALA)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Pax Dollar(USDP)]

    Pax Dollar(USDP)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ エイプコイン(APE)]

    エイプコイン(APE)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ インターネットコンピュータ(ICP)]

    インターネットコンピュータ(ICP)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Curve DAO Token(CRV)]

    Curve DAO Token(CRV)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ヴィチェーン(VET)]

    ヴィチェーン(VET)