MX TOKEN(MX)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ MX TOKEN(MX)]

MX TOKEN(MX)

MX TOKENとは

MX TOKENとは、暗号資産(仮想通貨)取引所MEXCが発行するトークン
取引所MEXCは、2018年にシンガポールを拠点として設立され、世界各国にグローバル展開している
MXトークンを保有することで、取引手数料の割引などの特典がある
2019年9月にローンチされ、2022年12月26日現時点で時価総額ランキング190位

MX TOKENの通貨記号

「MX」イーサリアムブロックチェーンをベースに構築されている

MX TOKENの創立者

MEXC社のCEO(最高経営責任者)でありシリアルアントレプレナーのJohn Chen氏によって設立
※シリアルアントレプレナー:日本語で「連続起業家」、新事業を何度も立ち上げる起業家のこと

MX TOKENのオフィシャルHP

https://www.mexc.com/

MX TOKEN(MX)の特徴

  • 発行元の取引所MEXCは、中央に管理者を置く中央集権型の取引所で
    現物取引、先物取引、レバレッジETFといったサービスを提供
    ※レバレッジETF:指数の値動きのレバレッジ倍の値動きを日次(1日)で達成するように運用される商品
  • MXトークンを保有することとで得られる特典
    ・取引手数料20%割引
    ・上場予定の銘柄をローンチパッドで購入可能
    ・「Kickstarter」で行われる新規上場候補の銘柄への投票に参加でき、投票した銘柄が上場すると無料で得られる
    ・NFTを分割購入することができ、高額な人気NFTなどはMEXCを通して間接的に所有可能
  • 大手暗号資産取引所バイナンスが出資、日本企業の上場支援などをおこなうBOBGとパートナーシップ締結するなど、将来性に期待できる

MX供給量

MXの総供給量は4億5,000万枚で、現在の市場流通量は1億枚
取引などの利益の40%を定期的にバーンしている
※バーン(焼却):流通済みの通貨を使用不可能にすることで、価値保存が目的

MX TOKEN(MX)取扱取引所

MX TOKEN(MX)は海外の取引所で取り扱われています

MX(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Render Token(RNDR)]

    Render Token(RNDR)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Bitget Token(BGB)]

    Bitget Token(BGB)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[バイナンス(BNB)]

    バイナンスコイン(BNB)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Kusama(KSM)]

    Kusama(KSM)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Ocean Protocol(OCEAN)]

    Ocean Protocol(OCEAN)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ UMA(UMA)]

    UMA(UMA)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Rocket Pool(RPL)]

    Rocket Pool(RPL)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ eCash(XEC)]

    eCash(XEC)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ SafePal(SFP)]

    SafePal(SFP)