Radicle / ラディクル(RAD)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Radicle(RAD)]

Radicle(RAD)

Radicle / ラディクル とは

Radicleとは、コードコラボレーションのために構築された分散型のオープンソースプロトコル
※コードコラボレーション:GitHubのような、ソフトウェアのコードを複数人が共有したり差分管理が可能なサービス
仲介者を必要としないP2P型システムで、開発者は共同でコードを作成しDApps(分散型アプリケーション)の構築が可能
NFT(非代替性トークン)のサポートも提供
2021年2月にローンチされ、2022年12月26日現時点で時価総額ランキング188位

Radicleの通貨記号

「RAD」ラッドと読む
運営に関わる提案への投票権としてのガバナンストークンなどに使用されている

Radicleの創立者

オープンソースソフトウェアのコラボレーションに取り組むソフトウェア会社Monadicによって開発されたが、同社はRadicleを所有しておらず、誰でも参加できるオープンソースプロジェクトであることを強調している

RadicleのオフィシャルHP

https://radicle.xyz/

Radicle(RAD)の特徴

  • 完全に分散化されたコードリポジトリを提供し、コミュニティ主導の自立したネットワークであるとしている
    ※コードリポジトリ:ソースコードのメタデータ(そのデータを表す属性や関連情報を記述したデータ)を格納する構造
  • ローカルデータとネットワークを共有することができ、他のユーザーが始めたソフトウェアプロジェクトに資金を提供し、管理することも可能
  • イーサリアムブロックチェーン上に構築されたプロジェクトをコラボレーションすることができ、スマートコントラクト(契約自動化システム)との取引手数料としてRADトークンを使用可能
  • NFTにも対応しており、ユーザーはRadicleネットワーク上でNFTの作成・発行・取引・管理が可能

RAD供給量

RADの総供給量は99,999,620枚で、現在の市場流通量は4,900万枚

Radicle(RAD)取扱取引所

Radicle(RAD)は海外の取引所で取り扱われています

RAD(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Wrapped BNB(WBNB)]

    Wrapped BNB(WBNB)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ XDC Network(XDC)]

    XDC Network(XDC)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ チェーンリンク(LINK)]

    チェーンリンク(LINK)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ヘデラ ハッシュグラフ(HBAR)]

    ヘデラ(HBAR)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[UNUS SED LEO(LEO)]

    UNUS SED LEO(LEO)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[Binance USD(BUSD)]

    Binance USD(BUSD)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Fetch.ai(FET)]

    Fetch.ai(FET)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Mina(MINA)]

    Mina(MINA)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ COTI(COTI)]

    COTI(COTI)