Render Token / レンダートークン(RNDR)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Render Token(RNDR)]

Render Token(RNDR)

Render Token / レンダートークン とは

Render Token(RNDR)とは、分散型のGPUレンダリングプラットホーム「Render」が発行する独自トークン
※GPU:コンピュータが画像や映像処理などを行うための高速演算装置
※レンダリング:コンピュータのプログラムを用いて画像や映像処理などを行うこと

イーサリアムブロックチェーン上に構築されている
世界中の稼働していないGPU装置をネットワークに提供し、GPUレンダリングを借りたい人が使える仕組みで、GPUの効率的な稼働を目指している
デジタル著作権管理として利用することも可能
2020年6月にローンチし、2022年11月4日現時点で時価総額ランキング152位

Render Tokenの通貨記号

「RNDR」イーサリアムのERC-20規格

Render Tokenの創立者

コンピューターグラフィックス、ストリーミング、3Dレンダリングのパイオニアとして称賛されているJules Urbach氏が率いるチームによって設立
同氏はRenderの親会社OTOYの創設者でもあり、OTOY社はクラウド等でグラフィックテクノロジーを提供している

Render TokenのオフィシャルHP

https://rendertoken.com/

Render Token(RNDR)の特徴

  • 世界中でスリープ状態にあるGPUをRenderのネットワークに提供し、GPUのレンダリングをしたい人が借りることでGPUの効率的な稼働を目指している
  • GPUをRenderのネットワークに提供すると「ノードオペレーター」になり、報酬としてRNDRトークンを獲得可能
    GPUを借りるユーザーは「クリエイター」と呼ばれ、ノードオペレーターにRNDRトークンを支払うことでレンダリングできるようになる
    支払われたRNDRトークンの一部はネットワークの維持などのためRenderが受け取る
  • デジタル著作権管理として、ブロックチェーンの高いセキュリティ技術を利用し、自身が作成した作品を安全な状態でオープンに管理することができる

RNDRの供給量

RNDRの発行上限は536,870,912枚で、現在の市場流通量は約2億5,000万枚

Render Token(RNDR)取扱取引所

Render Token(RNDR)は海外の取引所で取り扱われています

RNDR(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Pax Dollar(USDP)]

    Pax Dollar(USDP)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ コスモス(ATOM)]

    コスモス(ATOM)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Harmony(ONE)]

    Harmony(ONE)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Ethereum Name Service (ENS)]

    Ethereum Name Service(ENS)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Curve DAO Token(CRV)]

    Curve DAO Token(CRV)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ チリーズ(CHZ)]

    チリーズ(CHZ)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Fei USD(FEI)]

    Fei USD(FEI)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Lisk(LSK)]

    Lisk(LSK)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Arweave (AR)]

    Arweave(AR)