KuCoin Token / クーコイントークン(KCS)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ KuCoin Token(KCS)]

KuCoin Token(KCS)

KuCoin Token / クーコイントークン とは

KuCoin Tokenとは、シンガポールに拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所KuCoinが独自に発行する暗号資産
イーサリアムのERC-20規格で、イーサリアムウォレットに対応
KCSを保有することで取引所KuCoinの取引手数料が割引されるほか、配当金などのメリットがある
2017年9月にローンチされ、2022年8月19日時点で時価総額ランキング51位

KuCoin Tokenの通貨記号

「KCS」KuCoin Shares(クーコインシェアーズ)の頭文字

KuCoin Tokenの創立者

発行元の取引所KuCoinは2013年に以下のメンバーによって共同設立された
CEO(最高経営責任者)のMichael Gan氏、COO(最高執行責任者)のEric Don氏、CTO(最高技術責任者)のTOP Lan氏ほか4名

KuCoin TokenのオフィシャルHP

https://www.kucoin.com/

KuCoin Token(KCS)の特徴

  • 公式HPによれば世界の暗号資産保有者の4人に1人はユーザーであると言われているほどの大手取引所KuCoinは、KCSを集客力が高いキラープロダクトとして構築することを優先事項としている
  • KCSを保有することで様々なメリットがある
    例えば、保有量に応じて取引手数料が最大で80%割引、6KCS以上の保有でKuCoinの1日の取引手数料の収入の50%が原資の配当金を毎日獲得など
  • 使用用途としてはKuCoinでの取引手数料の支払い、IEOプラットフォーム「KuCoin Spotlight」でのトークンセール、商品購入やホテル予約などの決算手段などが挙げられる

KCSの供給量

KCSの総供給量は約1億5,000万枚で、現在の市場流通量は9,800万枚
ローンチ当初の総供給量は2億枚だったが、定期的にバーンを行い総供給量1億枚を目指している
※バーン(焼却):デフレ防止・価値上昇の目的で、流通している通貨を使用不可能にして流通量を減らす仕組み

KuCoin Token(KCS)取扱取引所

KuCoin Token(KCS)は海外の取引所で取り扱われています

KCS(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[FTXトークン(FTT)]

    FTXトークン(FTT)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ディセントラランド(MANA)]

    ディセントラランド(MANA)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ビットコイン(BTC)]

    ビットコイン(BTC)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Helium(HNT)]

    Helium(HNT)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Zcash(ZEC)]

    Zcash(ZEC)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ アルゴランド(ALGO)]

    アルゴランド(ALGO)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ アクシー・インフィニティ(AXS)]

    アクシー・インフィニティ(AXS)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Convex Finance(CVX)]

    Convex Finance(CVX)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Ravencoin(RVN)]

    Ravencoin(RVN)