Helium / ヘリウム(HNT)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Helium(HNT)]

Helium(HNT)

Helium / ヘリウム とは

ヘリウムとは、IoTデバイス向けの分散型ブロックチェーンネットワーク
※IoT:日本ではモノのインターネットと呼ばれ、スマートフォンやタブレット、それらでリモート操作可能な家電や照明、スマートウォッチ等のこと
独自ネットワーク「ヘリウムホットスポット」はワイヤレスデバイスが相互通信し、ノード(ユーザー端末)のネットワークを介してデータの送受信を可能にしたP2Pのワイヤレスネットワーク
ホットスポットを設置すると作業内容に応じ報酬としてHNTトークンを獲得できる
独自コンセンサスアルゴリズム「PoC(Proof of Coverage)」の採用によって高度なセキュリティを実現
2019年7月にローンチされ、2022年8月22日時点で時価総額ランキング53位

Heliumの通貨記号

「HNT」

Heliumの創立者

eスポーツとゲーム開発に経歴を持つAmir Haleen氏、P2Pインターネット開発の経歴を持つShawn Fanning氏、複数の開発プロジェクトに携わるSean Carey氏ら3名によって2013年に創立された

HeliumのオフィシャルHP

https://www.helium.com/

Helium(HNT)の特徴

  • Heliumのネットワークを使用することで、従来の膨大なデータの送受信にかかる膨大な費用と高いセキュリティリスクを解消し、ネットワークの分散化によってコスト削減とセキュリティリスク低減を実現している
  • ユーザーや企業は「ヘリウムホットスポット」という低電力でシンプルな専用ルーターを購入しネットワークを共有することで、ブロックチェーン技術によって他のノードと接続することができ、ホットスポットの設置に投資する人が増えればヘリウムネットワークの拡大に繋がる
  • ホットスポットを設置しネットワークを共有することで独自トークン「HNT」を獲得でき、データ転送やメッセージ暗号化などの作業内容に応じて報酬額が変動する
  • 独自コンセンサスアルゴリズム「PoC(Proof of Coverage)」を採用しており、ホットスポットの位置情報を暗号化し検証することで高いセキュリティを保つことができ、IoTが抱えるセキュリティリスクの低減に貢献
  • 新サービス「Helium Tabs(ヘリウム・タブ)」は、自分のデバイスやペットの首輪等に装着されたIoTデバイスの場所を追跡することができるシンプルなシステムでIoT化の促進が狙い

HNTの供給量

HNTの総供給量は2億3,300万枚で、現在の市場流通量は約1億2,400万枚
毎月約500万枚が発行されている

Helium(HNT)取扱取引所

Helium(HNT)は海外の取引所で取り扱われています

HNT(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ BinaryX(BNX)]

    BinaryX(BNX)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Vulcan Forged PYR(PYR)]

    Vulcan Forged PYR(PYR)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ COTI(COTI)]

    COTI(COTI)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Bitget Token(BGB)]

    Bitget Token(BGB)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Fantom(FTM)]

    Fantom(FTM)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Ergo(ERG)]

    Ergo(ERG)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Kadena(KDA)]

    Kadena(KDA)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ PAX Gold(PAXG)]

    PAX Gold(PAXG)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ aelf(ELF)]

    aelf(ELF)

↓リットリンクはじめました

lit.link(リットリンク)は、無料のSNSリンクまとめサービス。暗号資産・仮想通貨ナビのリットリンク