クアンタム / Qtum(QTUM)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ クアンタム (QTUM)]

クアンタム(QTUM)

クアンタム / Qtum とは

クアンタムとは、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の強みを1つにしたブロックチェーンプラットフォーム
ビジネス利用を目的に設計された
DApps(分散型アプリケーション)、DeFi(分散型金融)、NFT(非代替性トークン)等のシステムを提供
コンセンサスアルゴリズム(合意形成)はPoS(Proof of Stake)を採用し、保有量に応じて報酬を得られるステーキングに対応
GoogleやAmazonといった世界的大手企業と提携している
2017年に9月にメインチェーンがローンチされ、2022年10月4日時点で時価総額ランキング108位

クアンタムの通貨記号

「QTUM」ガバナンストークンとしても使用される
※ガバナンストークン:運営に関わる提案への投票権を持つトークン

クアンタムの創立者

数々のブロックチェーンプロジェクトに携わってきたQtum財団会長のPatrick Dai氏、CTO(最高技術責任者)兼ブロックチェーン設計者のNeil Mahi氏、リード開発者のJordan Earls氏による共同設立

クアンタムのオフィシャルHP

https://www.qtum.org/

クアンタム(QTUM)の特徴

  • ビットコインは高い匿名性を持つ一方でスマートコントラクト(契約自動化システム)非対応
    イーサリアムはスマートコントラクトを実装している一方で、毎回同じ送金アドレスを使用するため匿名性が劣る
  • 上記のデメリットをカバーするため、2つの独自技術によって構成されている
    「AAL(Account Abstraction Layer)」
    ビットコインから継承した価値保存機能(UTXO)とイーサリアムのスマートコントラクトを統合させたレイヤーで、複数のプログラミング言語をサポートしているため既存のアプリをQtum用に変換しやすい
    「DGP(Decentralized Governance Protocol)」
    スマートコントラクトにより、ハードフォークすることなくブロックチェーンの仕様変更が可能
    ステーカー、開発者、QTUM保有者によるガバナンス投票で、アップグレードなどがおこなわれる
  • 必要な分のブロックチェーンデータをダウンロードするだけで取引可能なライトウォレット形式で、サーバー容量の削減と軽快な動作を実現

QTUMの供給量

QTUMの発行上限は設定されておらず、現在の市場流通量は約1億枚
4年に1度、マイナー報酬が半分になる半減期を迎える

クアンタム(QTUM)取扱取引所

クアンタム(QTUM)は国内×海外の取引所で取り扱われています

QTUM(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Optimism(OP)]

    Optimism(OP)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ビットコインゴールド(BTG)]

    ビットコインゴールド(BTG)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[イーサリアム(ETH)]

    イーサリアム(ETH)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Braintrust(BTRST)]

    Braintrust(BTRST)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Ethereum Name Service (ENS)]

    Ethereum Name Service(ENS)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Moonbeam(GLMR)]

    Moonbeam(GLMR)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Osmosis(OSMO)]

    Osmosis(OSMO)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Golem(GLM)]

    Golem(GLM)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ヘデラ ハッシュグラフ(HBAR)]

    ヘデラ(HBAR)