Gnosis / グノーシス(GNO)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Gnosis (GNO)]

Gnosis(GNO)

Gnosis / グノーシス とは

Gnosisとは、イーサリアムのブロックチェーン上に構築された分散型予測市場プラットフォーム
※予測市場:将来の出来事の結果に賭け、それが実現したら報酬獲得、実現しなかったら掛金没収となるシステム
競馬などのギャンブルに近いシステムだが、オッズの設定や配当はスマートコントラクト(契約自動化システム)によって決まる仕組みで不正が起こりにくい
保険分野での応用が期待されている
2015年に設立され、2022年10月4日時点で時価総額ランキング104位

Gnosisの通貨記号

「GNO」:イーサリアムなどの通貨取引、報酬として使用される
「OWL」:Gnosisプラットフォーム内で取引手数料などに使用される

Gnosisの創立者

ブロックチェーン分野の起業家でCEO(最高経営責任者)のMartin Koppelmann氏によって設立

GnosisのオフィシャルHP

https://gnosis.io/

Gnosis(GNO)の特徴

  • 全てのユーザーが取引を監視でき、ユーザーが賭け事の結果の事実認定を行う仕組み
  • スマートコントラクトにより、「オッズの算出→予測の事実認定→配当」という流れを自動で実現
  • イーサリアムのブロックチェーン上に構築された同じ分散型予測市場プラットフォームの「Augur」では、Gnosisに比べ知名度が高くユーザーも多い
    ただ、Augurはトークン保持者が予測と報告をする一方、Gnosisはユーザーの中から選出された専門家が報告するため、事実確認が速い
  • 3層のプラットフォームを構築、運営することで安定的なサービスの提供を目指している
    「Gnosis Core」:管理インタフェースの提供、イベント用トークン発行、マーケットメーカー、オラクル運営
    「Gnosis Service」:Gnosis Core上にサービスを追加する役割
    「Gnosis Application」:ユーザー向けアプリケーションの提供

GNOの供給量

GNOの発行上限は1,000万枚、現在の市場流通量は約260万枚

Gnosis(GNO)取扱取引所

Gnosis(GNO)は海外の取引所で取り扱われています

GNO(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Ocean Protocol(OCEAN)]

    Ocean Protocol(OCEAN)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ eCash(XEC)]

    eCash(XEC)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Morpheus.Network(MNW)]

    Morpheus.Network(MNW)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[トロン(TRON)]

    トロン(TRON / TRX)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Everscale(EVER)]

    Everscale(EVER)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ SKALE(SKL)]

    SKALE(SKL)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ NuCypher(nu)]

    NuCypher(NU)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Amp(AMP)]

    Amp(AMP)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ HEX(HEX)]

    HEX(HEX)

↓リットリンクはじめました

lit.link(リットリンク)は、無料のSNSリンクまとめサービス。暗号資産・仮想通貨ナビのリットリンク