Nexo / ネクソ(NEXO)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Nexo(NEXO)]

Nexo(NEXO)

Nexo / ネクソ とは

Nexoとは、暗号資産(仮想通貨)のレンディングをメインに展開するレンディングプラットフォーム
※レンディング:保有している通貨を一定期間貸し出すことで利息を得る仕組み
決済、保険、暗号資産を担保とするローンのサービスなどを提供している
2018年4月にローンチされ、2022年9月2日時点で時価総額ランキング69位

Nexoの通貨記号

「NEXO」イーサリアムブロックチェーン上で発行されたERC-20規格のネイティブトークン

Nexoの創立者

Nexo社のマネージングパートナーで金融専門家としても活躍していたAntoni Trenchev氏を始め、暗号資産愛好家チームによる共同設立

NexoのオフィシャルHP

https://nexo.io/

Nexo(NEXO)の特徴

  • Nexoが提供するサービスとして、暗号資産レンディング、暗号資産担保ローン、トークンスワップ、世界初の暗号資産を利用したNexoカード、独自トークン「NEXO」などが挙げられる
  • プラットフォームのメインである暗号資産レンディングは、保有通貨を担保として現金やステーブルコインを借りることができるサービス
    NEXOの保有量に応じて4段階のロイヤリティ階級に分けられ、最大で17%の利回りを獲得可能
  • 暗号資産を担保としてローンを組む「Instant Crypto Credit Line(インスタント暗号資産クレジットライン)」は、暗号資産を預けることで、円やドルといった法定通貨やステーブルコインの融資を受けることができるサービス
    ローンの利率はロイヤリティ階級によって変動し金利は最低0%となり、低金利で迅速な承認が可能
  • 暗号資産を担保とするローンを活用できる「Nexo Card」は、担保から算出されたクレジットライン(信用限度額)で支払いが行われ、支払時にビットコイン(BTC)かNEXOでキャッシュバックされる
    物理カードだけでなく、Google PayやApple Payといったデジタルカードとしても展開しており、スマートフォンのウォレットアプリでは暗号資産の購入・交換・レンディングに対応
  • ネイティブトークン「NEXO」は、保有していることでレンディング時の利息やローンの金利に関わるほか、暗号資産を引き出す際の取引手数料が最大5回まで無料
    また、Nexo社は利益の30%を配当金としてNEXO保有者にNEXOを配布している

NEXOの供給量

NEXOの最大発行量は10億枚で、現在の市場流通量は約5億6,000万枚

Nexo(NEXO)取扱取引所

Nexo(NEXO)は海外の取引所で取り扱われています

NEXO(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ビットコイン(BTC)]

    ビットコイン(BTC)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ メイカー(MKR)]

    メイカー(MKR)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ THORChain(RUNE)]

    THORChain(RUNE)

  4. USD Coin(USDC)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[テザー(USDT)]

    テザー(USDT)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ クロノス(CRO)]

    クロノス(CRO)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Compound(COMP)]

    Compound(COMP)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Neutrino USD(USDN)]

    Neutrino USD(USDN)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ポルカドット(DOT)]

    ポルカドット(Polkadot / DOT)