Waves / ウェーブス(WAVE)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Waves(WAVES)]

Waves(WAVE)

Waves / ウェーブス とは

Wavesとは、DApps(分散型アプリケーション)プラットフォーム
ユーザー独自のトークンを簡単に発行することができる
「Wave NG」と呼ばれる技術により高速な取引処理速度を実現し、使いやすさを向上させている
コンセンサスアルゴリズムはPoS(Proof of Stake)の発展型であるLPoS(Leasing Proof of Stake)を採用
2016年6月にローンチされ、2022年9月7日時点で時価総額ランキング74位

Wavesの通貨記号

「WAVE」

Wavesの創立者

ロシア人物理学者のAlexander Ivanov氏(別名Sasha Ivanov)によって設立

WavesのオフィシャルHP

https://waves.tech/

Waves(WAVE)の特徴

  • ユーザーが独自に暗号資産を発行できる機能「Custom Application Token」では、専用ウォレット「Waves Exchange」をインストールし、発行したい暗号資産の名前、使用用途、発行上限、最小単位などを決め、手数料として1WAVE(約600円)を支払うことで誰でも発行可能
    ※実際、ハンバーガーチェーンのバーガーキングではWavesを用いて独自トークン「ワッパーコイン」を発行し、ポイントカードのようなシステムで活用している
  • 専用ウォレット「Waves Exchange」はDEX(分散型取引所)を備えており、WAVESや独自に発行したトークンの管理と安全な取引が可能
  • 「Wave NG」と呼ばれる技術により送金スピードの高速化に成功している
    例えばビットコインの場合、取引処理件数は3~7件/1秒であるのに対し、Wavesでは100件以上/1秒となる
  • コンセンサスアルゴリズム(合意形成)は、通貨保有量に応じて報酬を得るPoSから発展したLPoSを採用し、通貨を貸し出した量に応じて報酬として得られるWAVESが増加する仕組み

WAVESの供給量

WAVESの発行上限は設定されておらず、現在の市場流通量は約1億900万枚

Waves(WAVE)取扱取引所

Waves(WAVE)は海外の取引所で取り扱われています

WAVE(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Neutrino USD(USDN)]

    Neutrino USD(USDN)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Pax Dollar(USDP)]

    Pax Dollar(USDP)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ イーサリアムクラシック(ETC)]

    イーサリアムクラシック(ETC)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Nexo(NEXO)]

    Nexo(NEXO)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ビットコインキャッシュ(BCH)]

    ビットコインキャッシュ(BCH)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ダイ(DAI)]

    ダイ(Dai / DAI)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Lido DAO(LDO)]

    Lido DAO(LDO)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[Binance USD(BUSD)]

    Binance USD(BUSD)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ セルシウス(CEL)]

    セルシウス(CEL)