IOST / アイオーエスティー(IOST)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ IOST(IOST)]

IOST(IOST)

IOST / アイオーエスティー とは

IOSTとは、Internet of Service Tokenの略で、DApps(分散型アプリケーション)を開発するための分散型ブロックチェーンプラットフォーム
様々なブロックチェーン技術サービスを提供することが目的
ユーザー増加による取引処理速度の遅延や手数料高騰といったスケーラビリティ問題の解決に貢献
独自コンセンサスアルゴリズム(合意形成)としてPoB(Proof of Believability)を採用
2018年に開発され、2022年10月17日現時点で時価総額ランキング126位

IOSTの通貨記号

「IOST」

IOSTの創立者

中国人のJimmy Zhong氏を中心とした6名による共同設立
Jimmy Zhong氏は大学時代からブロックチェーンに興味を持ち、在学中に学生が授業ノートを交換できるマーケットプレイスを提供する会社を設立し、4,000万ドル(現在のレートで約59億円)で売却した

IOSTのオフィシャルHP

https://iost.io/

IOST(IOST)の特徴

  • コンセンサスアルゴリズムにPoB(Proof of Believability)、取引処理にシャーディング技術を導入することで取引処理速度の高速化を実現
    同じDApps開発プラットフォームであるイーサリアムは1秒間に約15件が取引承認されるのに対し、IOSTでは1秒間に約8,000件の取引承認が可能
    ※シャーディングとは、取引ごとに分けたブロックを同時に複数処理(並列処理)することで高速な取引処理速度を実現する技術のことで、IOSTにおけるシャーディングはEDS(Efficient Distributed Sharding)と呼ばれる
  • PoB(Proof of Believability)は3つのユーザーにより成り立っており、報酬が分配される
    【Serviノード】:ブロック生成や取引承認をおこなうフルノードで、通貨保有量や取得したServiトークン、過去の行動や取引履歴等のノードに関する評価によって獲得できる「Believability score」というスコアを参考に、優先付けされたバリデータと通常のバリデーターに分けられる
    ※バリデータ(validator)とはブロックチェーンのブロック生成や記録されるデータの内容が正しいのか検証するノード(端末)のこと
    【パートナーノード】:コミュニティへの貢献度を指標に報酬を得るノード
    【通常アカウントユーザー】:保有するIOSTトークンをノードへ投票することで報酬を得る
  • プログラミング言語には多くの開発者が利用しているJavaScriptを採用し、開発者が参入・開発しやすい環境を整えている
  • DeFi(分散型金融)分野への参加に積極的

IOSTの供給量

LOSTの総供給量は900億枚で、現在の市場流通量は約186億万枚

IOST(IOST)取扱取引所

IOST(IOST)は日本×海外の取引所で取り扱われています

IOST(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ The Graph(GRT)]

    The Graph(GRT)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[カルダノ(ADA)]

    エイダコイン(ADA/Cardano)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ テゾス(XTZ)]

    テゾス(XTZ)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Golem(GLM)]

    Golem(GLM)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ yearn.finance(YFI)]

    yearn.finance(YFI)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ PlayDapp(PLA)]

    PlayDapp(PLA)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ラップドビットコイン(WBTC)]

    ラップドビットコイン(WBTC)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ GMX(GMX)]

    GMX(GMX)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Zcash(ZEC)]

    Zcash(ZEC)