ビットトレント / BitTorrent-New(BTT)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ビットトレント(BTT)]

ビットトレント(BTT)

ビットトレント / BitTorrent-New とは

ビットトレントとは、P2Pネットワークを使用してデータファイルの共有を行うプラットフォーム
※P2P:ユーザーの端末(ノード)同士で直接データを共有できるシステムで、中央管理者を置かない分散型のため高いセキュリティやサーバーダウンを防ぐ効果などがある
世界的に人気で、世界138ヵ国1億人以上のユーザーを抱えている
プラットフォーム上で使用される通貨が「BTT」
2001年7月にローンチされ、2022年8月23日時点で時価総額ランキング53位
2018年にブロックチェーンプラットフォームであるTRONに買収されたことでさらに注目を浴びた

ビットトレントの通貨記号

「BTT」ユーザーへの報酬やステーキングに使われる

ビットトレントの創立者

開発者で起業家のBram Cohen氏によって創立され、2018年にTRONに買収されたことでTRON創設者であるJustin Sun氏の管轄下におかれた

ビットトレントのオフィシャルHP

https://bt.io/

ビットトレント(BTT)の特徴

  • メインターゲットは配信ネットワークユーザー
  • ユーザー数も多く世界的に人気のプラットフォームだったが収益化に問題を抱えていたところ、TRON創設者のJustin Sun氏が目を付け買収した
  • TRONによるビットトレント買収後、TRC-10標準のTRON独自ブロックチェーン上でBTTをローンチ
  • TRON財団は、ユーザーがファイルをアップロードすることで報酬としてBTTが付与され、ファイルがダウンロードされるとアップロード者にBTTが支払われる仕組みを導入することでユーザー離れを防止した
  • 獲得したBTTは配信者への投げ銭やステーキングにも対応
    ※ステーキング:保有通貨をブロックチェーン上に預けることで、報酬として通貨を獲得できるシステム
  • 取引速度を向上させる「BitTorrent Speed」やブロックチェーン上のライブストリーミングコミュニティ「DLive」など様々なサービスを提供している

BTTの供給量

BTTの総発行量は990兆枚で、現在の市場流通量は約937兆枚

ビットトレント(BTT)取扱取引所

ビットトレント(BTT)は海外の取引所で取り扱われています

BTT(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ GateToken(GT)]

    GateToken(GT)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[トロン(TRON)]

    トロン(TRON / TRX)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[Shiba Inu(SHIB)]

    Shiba Inu(SHIB)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ インターネットコンピュータ(ICP)]

    インターネットコンピュータ(ICP)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Klaytn(KLAY)]

    Klaytn(KLAY)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ イーサリアムクラシック(ETC)]

    イーサリアムクラシック(ETC)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Flow(FLOW)]

    Flow(FLOW)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ THORChain(RUNE)]

    THORChain(RUNE)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ダイ(DAI)]

    ダイ(Dai / DAI)