Syscoin / シスコイン とは(SYS)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Syscoin(SYS)]

Syscoin(SYS)

Syscoin / シスコイン とは

Syscoinとは、より高速で拡張性があり、安全なブロックチェーンプラットフォーム
メタバース、IoT、スマートシティ、未来の惑星間エコシステムにおけるスマートコントラクト(契約自動化システム)の支援が目的
※メタバース:インターネット上の3D仮想空間 ※IoT(Internet of Things):モノのインターネット(スマート家電等)
ビットコインのブロックチェーンをベースに構築されており、ビットコインとシスコインの両方を同時にマイニング(採掘)することができる
イーサリアムブロックチェーンベースの仮想マシン「NEVM」によってイーサリアムのスマートコントラクトやロールアップと互換性がある
※ロールアップ(Rollup):ネットワーク混雑解消のため、トランザクションの一部をオフチェーン(メインのブロックチェーン外)で処理する技術
2014年8月にローンチされ、2022年12月21日現時点で時価総額ランキング192位

Syscoinの通貨記号

「SYS」
サービス使用料やDApps(分散型アプリケーション)へのアクセスに使用される

Syscoinの創立者

Syscoin財団は社長兼主任開発者であるJagdeep Sidhu氏を中心とした5名のメンバーで構成されている

SyscoinのオフィシャルHP

https://syscoin.org/

Syscoin(SYS)の特徴

  • 独自の分散型マーケットプレイス構築、資産管理、エイリアスシステムなどの機能を提供
  • Siscoinプラットフォームでは金融、資産、商品、デジタル証明書、データ取引が可能
  • 企業はこれらの機能によりブロックチェーン上で直接取引することができる
  • コンセンサスアルゴリズム(合意形成)はPoW(Proof of Work)とPoS(Proof of Stake)を組み合たハイブリッドコンセンサスモデル

SYS供給量

SYSの総供給量は750,312,141枚で、現在はそのすべてが市場流通済み

Syscoin(SYS)取扱取引所

Syscoin(SYS)は海外の取引所で取り扱われています

SYS(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ DODO(DODO)]

    DODO(DODO)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ICON(ICX)]

    ICON(ICX)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Metars-Genesis(MRS)]

    Metars Genesis(MRS)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Pendle(PENDLE)]

    Pendle(PENDLE)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ DigiByte(DGB)]

    DigiByte(DGB)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Audius(AUDIO)]

    Audius(AUDIO)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Kusama(KSM)]

    Kusama(KSM)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ディセントラランド(MANA)]

    ディセントラランド(MANA)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ FLEX(FLEX)]

    FLEX(FLEX)

↓リットリンクはじめました

lit.link(リットリンク)は、無料のSNSリンクまとめサービス。暗号資産・仮想通貨ナビのリットリンク