FLEX / フレックス(FLEX)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ FLEX(FLEX)]

FLEX(FLEX)

FLEX / フレックスとは

FLEXとは、暗号資産(仮想通貨)取引所であるCoinFLEXで使用される暗号資産
※FLEXは”Future and Lending Exchange”の略称
CoinFLEXは物理的に決済される先物プラットフォームで、ビットコイン(BTC)で決済される
世界初の利息付ステーブルコインであるflexUSDを発行
※ステーブルコイン:法定通貨や金と暗号資産(仮想通貨)が連動する通貨
入出金手数料は無料
2019年7月にローンチされ、2023年4月3日現時点で時価総額ランキング229位

FLEXの通貨記号

「FLEX」取引所の独自トークン
保有量に応じて取引手数料が安くなる仕組み

FLEXの創立者

発行元の取引所CoinFLEXは、先物商品で長年の経歴を持ちCoinFLEXのCEO(最高経営者)であるMark Lamb氏、CoinFLEXのCRO(最高リスク管理責任者)であるSundhu Arumugam氏による共同設立

FLEXのオフィシャルHP

https://coinflex.com/

FLEX(FLEX)の特徴

  • 分散型取引所()DEXのCoinFLEXはAMMを採用し、主要な注文タイプは成行注文、指値注文、条件付き
    また、最大250倍のレバレッジ取引が可能
    ※AMM(Automated Market Makers):自動マーケットメーカー、スマートコントラクト(契約自動化システム)により自動で最適価格の資産交換ができるシステム
  • ステーブルコインのflexUSDは保有するだけで利回りを獲得可能(貸付やイールドファーミングを利用する必要がない)
    利息は8時間ごとに獲得することができ、USD Coin(USDC)で償還可能
  • 様々なリスク管理ツールを提供し、ユーザー自身が常にリスク管理できるようにすることを目指している

FLEXの供給量

FLEXの発行上限は1億枚で、現在の市場流通量は約9,870万枚

FLEX(FLEX)取扱取引所

FLEX(FLEX)は海外の取引所で取り扱われています

FLEX(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ SafePal(SFP)]

    SafePal(SFP)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ イーサリアムクラシック(ETC)]

    イーサリアムクラシック(ETC)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ aelf(ELF)]

    aelf(ELF)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Reserve Rights(RSR)]

    Reserve Rights(RSR)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ コスモス(ATOM)]

    コスモス(ATOM)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ COTI(COTI)]

    COTI(COTI)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Terra Classic(LUNC)]

    Terra Classic(LUNC)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Persistence(XPRT)]

    Persistence(XPRT)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[Rally(RLY)]

    Rally(RLY)

↓リットリンクはじめました

lit.link(リットリンク)は、無料のSNSリンクまとめサービス。暗号資産・仮想通貨ナビのリットリンク