PlayDapp / プレイダップ(PLA)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ PlayDapp(PLA)]

PlayDapp(PLA)

PlayDapp / プレイダップ とは

PlayDappとは、NFTブロックチェーンゲームを提供するプラットフォーム
※NFT(Non-Fungible Token):非代替性トークン
既存のゲームをNFTブロックチェーンゲームに変換することができる
専用トークンがなくてもゲームのプレイは可能
プラットフォーム上でクロスチェーンやDEX(分散型取引所)を介して、複数の暗号資産(仮想通貨)の利用が可能
※クロスチェーン:異なるブロックチェーンを繋ぎ、取引を可能にするシステム
2021年2月にローンチされ、2022年12月1日現時点で時価総額ランキング127位

PlayDappの通貨記号

「PLA」
NFTアイテムの購入や取引などに使用されている

PlayDappの創立者

ブロックチェーン業界の専門家チームによって開発された
PlayDapp社のCEO(最高経営責任者)を務めるDavid HP Lee氏はWeb3企業のアドバイザーとしての経歴を持つ

PlayDappのオフィシャルHP

https://playdapp.io/

PlayDapp(PLA)の特徴

  • 既存のゲームをNFTブロックチェーンゲームに変換できる「SDK(Software Development Kit)」を提供
    SDKとは、アプリケーションのカスタムや新規構築に必要なプログラムの仕様・技術文書をまとめたもので、PlayDappブロックチェーンにゲームを構築する際に必要な技術のこと
  • 多くのNFTブロックチェーンゲームは、専用のトークンを保有することでプレイが可能になるが、PlayDappのゲームは事前に保有していなくてもプレイできるため、Play to Earn(遊んで稼ぐ)型ゲームを始めやすい
  • メッセージングアプリ「LINE」のブロックチェーン部門「LINEBlockchain」とのコラボゲーム「CRYPTO DOZER for LINEBlockchain」をリリース
    インターネット上の3D仮想空間であるメタバースにも進出している
  • PlayDappプラットフォームのゲーム内NFTはマーケットプレイスで売買や取引が可能
    プラットフォーム上のゲームは相互運用が可能で、NFTの移動ができるゲームもある

PLAの供給量

PLAの発行上限は7億枚で、現在の市場流通量は約4億8,800万枚

PlayDapp(PLA)取扱取引所

PlayDapp(PLA)は海外の取引所で取り扱われています

PLA(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ XDC Network(XDC)]

    XDC Network(XDC)

  2. USD Coin(USDC)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Kusama(KSM)]

    Kusama(KSM)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ステラルーメン(XLM)]

    ステラルーメン(XLM)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Alpha Venture DAO(ALPHA)]

    Alpha Venture DAO(ALPHA)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Baby Doge Coin(BabyDoge)]

    Baby Doge Coin(BabyDoge)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ コスモス(ATOM)]

    コスモス(ATOM)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ライトコイン(LTC)]

    ライトコイン(LTC)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Livepeer(LPT)]

    Livepeer(LPT)