MetisDAO / メティスダオ(METIS)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ MetisDAO(METIS)]

MetisDAO(METIS)

MetisDAO / メティスダオとは

MetisDAOとは、イーサリアムのレイヤー2ブロックチェーンプラットフォーム
※レイヤー2:イーサリアムが抱える、ユーザー増加に伴う取引処理速度の低下や手数料高騰といったスケーラビリティ問題解決のため、既存のブロックチェーンの上層に高性能なブロックチェーンを構築し、2層構造で処理をする2層目のチェーンのこと
企業や組織が必要とする、給与管理システムやメッセージツールといったDApps(分散型アプリケーション)のテンプレートを提供
スマートコントラクト(契約自動化システム)に対応
DAO(分散型自律組織)による運営
2021年5月にローンチされ、2023年1月11日現時点で時価総額ランキング193位

MetisDAOの通貨記号

「METIS」ネイティブトークン
手数料の支払いなどに使用されている

MetisDAOの創立者

エンジェル投資家でMetisDAOの共同設立者であるElena Sinelnikova氏による設立
※エンジェル投資家:創業して間もない企業などに資金を出資する投資家

MetisDAOのオフィシャルHP

https://www.metis.io/

MetisDAO(METIS)の特徴

  • イーサリアムのレイヤー2を利用することで、すでに数多く開発されているイーサリアムベースのDAppsを簡単に開発することができ、スケーラビリティ問題の解決に貢献することもできる
  • Web2.0からWeb3.0への移行をサポートするため、低コストで高性能サポート機能を持つレイヤー2フレームワーク(Metis Rollup)を構築
  • 企業や組織が必要とする以下のような技術のテンプレートを提供しており、ユーザーはプログラミング技術がなくても簡単にDAppsの構築が可能
    [給与管理システム / メッセージツール / 業務・情報システム / 自動決済サービス / ストレージサービス など]
  • 運営を担うMetisDAOが採用する「RP(Reputation Power)システム」は、開発したDAppsをストアに提出し、そこで人気が出れば報酬を得られる仕組み

METISの供給量

METISの発行上限は1,000万枚で、現在の市場流通量は約440万枚

MetisDAO(METIS)取扱取引所

MetisDAO(METIS)は海外の取引所で取り扱われています

METIS(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Lido DAO(LDO)]

    Lido DAO(LDO)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Tribe(TEIBE)]

    Tribe(TRIBE)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ NuCypher(nu)]

    NuCypher(NU)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ MediBloc(MED)]

    MediBloc(MED)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Neutrino USD(USDN)]

    Neutrino USD(USDN)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Trust Wallet Token(TWT)]

    Trust Wallet Token(TWT)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Huobi BTC(HBTC)]

    Huobi BTC(HBTC)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ステラルーメン(XLM)]

    ステラルーメン(XLM)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Threshold(T)]

    Threshold(T)