クアント / Quant(QNT)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ クアント(QNT)]

クアント(QNT)

クアント / Quant とは

クアントとは、複数の異なるブロックチェーン同士を繋ぐプロジェクト
特許取得済みの「OpenLeder2.0」と呼ばれるOSを利用し、複数のブロックチェーンを一元管理することができる
プロジェクト上で使用される暗号資産(仮想通貨)が「QNT」
Amazonなど大手グローバル企業と連携している
2018年6月にメインネットがローンチされ、2022年8月8日時点で時価総額ランキング41位

クアントの通貨記号

「QNT」

クアントの創立者

Gilbert Verdian氏、Paolo Tasca博士による共同設立
Gilbert Verdian氏はMastercard社傘下であるVocalink社のCISO(最高情報セキュリティ責任者)、英国法務省セキュリティ主任などを務めていた
Paolo Tasca博士は起業家で、EU議会や国連の中央銀行のブロックチェーン技術に関する特別顧問も務めている

クアントのオフィシャルHP

https://quant.network/

クアント(QNT)の特徴

  • OpenLeder2.0はクアントネットワークが他の異なるブロックチェーンにアクセスするゲートウェイとして機能するよう設計されている
    例えば、本来ビットコインではサポートされていないスマートコントラクトも、イーサリアムなどのブロックチェーンで書き込むことが可能
  • 開発者は分散型マルチチェーンアプリケーション(MApps)をクアント上で構築することができ、構築するためには一定量以上のQNTを保有する必要がある
  • クアントのアプリストアには複数のブロックチェーンを読み込んで取引を監視する機能があり、このストアでMAppsの作成・公開が可能
  • 法定通貨や特定の暗号資産と価格が連動するステーブルコインとの相互運用も可能で、Multi-Ledger Token(MLT)の活用により、どのステーブルコイン取引でも価値を下げることなく他のブロックチェーンで使用することができる
  • AmazonのクラウドサービスであるAWSとパートナー契約を締結し、データベースサービスの世界的大手であるOracle社とパートナー関係を築くなど、信頼性の高いプロジェクト

QNTの供給量

QNTの発行上限は14,612,493枚で、現在の市場流通量は約1,200万枚

クアント(QNT)取扱取引所

クアント(QNT)は海外の取引所で取り扱われています

QNT(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Decred(DCR)]

    Decred(DCR)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Zcash(ZEC)]

    Zcash(ZEC)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Terra Classic(LUNC)]

    Terra Classic(LUNC)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ TerraClassicUSD(USTC)]

    TerraClassicUSD(USTC)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ チリーズ(CHZ)]

    チリーズ(CHZ)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Mina(MINA)]

    Mina(MINA)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Ethereum Name Service (ENS)]

    Ethereum Name Service(ENS)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[テザー(USDT)]

    テザー(USDT)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Reserve Rights(RSR)]

    Reserve Rights(RSR)