ヘデラ ハッシュグラフ / Hedera Hashgraph(HBAR)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ヘデラ ハッシュグラフ(HBAR)]

ヘデラ(HBAR)

ヘデラ ハッシュグラフ / Hedera Hashgraph とは

ヘデラとは、DApps(分散型アプリケーション)開発のためのプラットフォーム
プラットフォーム上で使用される暗号資産(仮想通貨)が「HBAR」
従来のブロックチェーンではなく、より高速で低料金に取引可能な独自の分散型台帳技術「Hashgraph」を使用
大手グローバル企業が運営に参加している
2019年9月にメインネットがローンチされ、2022年8月8日時点で時価総額ランキング40位

ヘデラの通貨記号

「HBAR」

ヘデラの創立者

コンピュータ科学とセキュリティ分野で経験を積んだLeemon Baird博士とベテラン起業家Mance Harmon氏による共同創立

ヘデラのオフィシャルHP

https://hedera.com/

ヘデラ(HBAR)の特徴

  • 独自の分散型台帳技術「Hashgraph」を採用することで、従来のブロックチェーン技術ベースのプラットフォームが抱えている、取引処理の遅延や手数料高騰といったスケーラビリティ問題を解消
    例えば、ビットコインのブロック生成が10分、取引手数料が約23米ドル(現レートで約3,000円)に対し、ヘデラはブロック生成が約4秒、取引手数料が0.0001米ドル(現レートで0.014円)となる
  • ユーザーが簡単にNFT(非代替性トークン)を作成できるHTS(Hedera Token Service)サービスや、分散型のファイルストレージサービスなど様々なネットワークサービスを提供している
  • GoogleやIBMなど大手グローバル企業が、ヘデラの運営組織「運営審議会」に加盟している
  • 韓国の大手商業銀行である新韓銀行が運営審議会に加盟し、ヘデラネットワークを使用した国際送金システムの開発を進めている
  • ユースケースとして、2021年からイギリスでコロナワクチンの管理にヘデラの技術が活用されている

HBARの供給量

THETAの発行上限は500億枚で、現在の市場流通量は約210億枚

ヘデラ(HBAR)取扱取引所

ヘデラ(HBAR)は海外の取引所で取り扱われています

HBAR(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ダイ(DAI)]

    ダイ(Dai / DAI)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ユニスワップ(UNI)]

    ユニスワップ(UNI)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ KuCoin Token(KCS)]

    KuCoin Token(KCS)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ OKB(OKB)]

    OKB(OKB)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Fantom(FTM)]

    Fantom(FTM)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ セルシウス(CEL)]

    セルシウス(CEL)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ IOTA(MIOTA)]

    IOTA(MIOTA)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Compound(COMP)]

    Compound(COMP)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ TerraClassicUSD(USTC)]

    TerraClassicUSD(USTC)