LINK / リンク(LN)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ LINK(LN)]

LINK(LN)

LINK / リンクとは

LINKとは、メッセージアプリ「LINE」が提供する暗号資産(仮想通貨)
LINEが独自に開発しているプライベートブロックチェーン「LINE Blockchain」の基軸通貨
※プライベートブロックチェーン:特定の管理者が存在し、ネットワークに参加するために承認が必要なブロックチェーン
誰でも簡単にブロックチェーン技術が使いやすいように設計されている
独自のNFTマーケット「LINE NFT」での支払いなどに使用可能
2020年3月にローンチされ、2023年2月13日現時点で時価総額ランキング221位

LINKの通貨記号

「LN」LINEのエコシステムであるLINEトークンエコノミーでの基軸通貨
サービス利用料や支払いなどに使用され、利用量に応じてLNトークンを獲得することができる

LINKの創立者

LINE TECH PLUS PTE. LTD. が発行

LINKのオフィシャルHP

https://blockchain.line.me/

LINK(LN)の特徴

  • 暗号資産(仮想通貨)取引所のBITFRONT、LINE BITMAX、Bithumbなどで売買可能
    2023年2月現在、日本国内で利用できるのはLINE BITMAXのみ
    ※上場取引所は今後も増やしていく予定
  • LINEトークンエコノミーで提供されているサービスへの参加や貢献度に応じて報酬としてLNトークンを獲得することができる
  • グローバルNFTプラットフォーム「DOSI」、日本向けNFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」で扱われている様々なNFT取引に使用されている
  • ブロックチェーンゲームやDApps(分散型アプリケーション)、メタバースなど今後も積極的に展開予定
    ※メタバース:インターネット上の3D仮想空間で、実世界と同じように土地や建築物などの取引が可能

LNの供給量

現在の市場流通量は約670万枚
LNの発行上限は前年までの総発行量に対して5%ずつ増加し、LINKのアクティブユーザー数や取引量の増加に応じて安定的に分配されるように発行量が調整される仕組み

LINK(LN)取扱取引所

LINK(LN)は国内×海外の取引所で取り扱われています

LN(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ TerraClassicUSD(USTC)]

    TerraClassicUSD(USTC)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ MARBLEX(MBX)]

    MARBLEX(MBX)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ inSure DeFi(SURE)]

    inSure DeFi(SURE)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Braintrust(BTRST)]

    Braintrust(BTRST)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Siacoin(SC)]

    Siacoin(SC)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ AVINOC(AVINOC)]

    AVINOC(AVINOC)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ MobileCoin(MOB)]

    MobileCoin(MOB)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Dogelon Mars(ELON)]

    Dogelon Mars(ELON)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Harmony(ONE)]

    Harmony(ONE)

↓リットリンクはじめました

lit.link(リットリンク)は、無料のSNSリンクまとめサービス。暗号資産・仮想通貨ナビのリットリンク