Ronin / ロニン(RON)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[Ronin(RON)]

Ronin(RON)

Ronin / ロニンとは

Roninとは、人気NFTゲーム「Axie Infinity」の取引を高速かつ安価に処理するために開発されたブロックチェーンプラットフォーム
EVM(イーサリアム仮想マシン)互換のスマートコントラクト(契約自動化システム)とプロトコルをサポートしているため開発者は高性能なブロックチェーンプロジェクトを構築することができる
暗号資産(仮想通貨)ウォレットの「RONウォレット」は、デビッドカードと連携することで、実店舗でのカード決済が可能
コンセンサスアルゴリズムはDPoS(Delegated Proof of Stake)とPoA(Proof of Authority)の組み合わせであるPoSA(Proof of Staked Authority)を採用
2022年1月にローンチされ、2023年3月7日現時点で時価総額ランキング232位

Roninの通貨記号

「RON」取引手数料、ステーキングなどに使用される
※ステーキング:保有通貨をネットワークに預け入れることで報酬を得られる仕組み

Roninの創立者

Axie Infinityの開発者でもあるゲームスタジオ「Sky Mavis」によって設立された

RoninのオフィシャルHP

https://roninchain.com/

Ronin(RON)の特徴

  • 高速かつ安価なトランザクション処理が可能で、1日30万以上のアカウントそれぞれが1日100件以上のトランザクション処理を行っていると言われている
  • EVM互換に対応したブリッジ機能により、EVMベースの異なるブロックチェーン間で資産の転送が可能
  • RONウォレット内にRONトークンを保有していれば、デビットカードと連携することで、実店舗でのカード決済を暗号資産で行うことができる
  • コンセンサスアルゴリズムのPoSA(Proof of Staked Authority)は、DPoSとPoAを組み合わせたシステム
    RONトークンを保有するすべてのユーザーはバリデーター(ブロックの検証・承認者)候補となることができる
    RONトークンのステーク(預け入れ)額に応じてバリデーターが選任される
    任意のバリデーター候補にRONトークンをステーク(預け入れ)することでガバナンスへの参加も可能
    トランザクションが正しく完了すると、検証・承認を実行したバリデーターとそのバリデーターにステークしたユーザーは報酬としてRONトークンを獲得することができる

RONの供給量

RONの発行上限は10億枚で、現在の市場流通量は約1億7,800万枚

Ronin(RON)取扱取引所

Ronin(RON)は海外の取引所で取り扱われています

RON(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ inSure DeFi(SURE)]

    inSure DeFi(SURE)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ WINkLink(WIN)]

    WINkLink(WIN)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Biconomy(BICO)]

    Biconomy(BICO)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ GensoKishi Metaverse(MV)]

    GensoKishi Metaverse(MV)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Prom(PROM)]

    Prom(PROM)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[Beldex(BDX)]

    Beldex(BDX)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Gala(GALA)]

    Gala(GALA)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ MOBOX(MBOX)]

    MOBOX(MBOX)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Secret(SCRT)]

    Secret(SCRT)

↓リットリンクはじめました

lit.link(リットリンク)は、無料のSNSリンクまとめサービス。暗号資産・仮想通貨ナビのリットリンク