Band Protocol / バンド プロトコル(BAND)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Band Protocol(BAND)]

Band Protocol(BAND)

Band Protocol / バンド プロトコル とは

Band Protocolとは、外部データとブロックチェーンを繋ぐ分散型オラクルプラットフォーム
※オラクル:スマートコントラクト(契約自動化システム)と外部データソース(天気、株価など)を接続するサービスのことで、情報源の整合性を検証し情報の橋渡しをしている
Cosmosネットワーク上に構築され、異なるブロックチェーン間で信頼性の高いデータのやり取りが可能
コンセンサスアルゴリズムはDPoS(Delegated Proof of Stake)を採用
2021年4月にローンチされ、2023年1月4日現時点で時価総額ランキング251位

Band Protocolの通貨記号

「BAND」
エコシステム使用料、運営に関わる提案への決定権を持つノードに投票できるガバナンストークン、保有通貨をネットワークに預け入れることで報酬を得られるステーキングなどに使用されている

Band Protocolの創立者

CEO(最高経営責任者)のSoravis Srinawakoon氏、CPO(最高購買責任者)のPaul Chonpimai氏、CTO(最高技術責任者)のSorawit Suriyakarn氏によって設立された

Band ProtocolのオフィシャルHP

https://bandprotocol.com/

Band Protocol(BAND)の特徴

  • 高速かつ効率的に設計されたBand Protocolはクロスチェーンに対応しており、複数の異なるブロックチェーン間でデータのやり取りが可能
  • スマートコントラクトにより、開発者は簡単にオラクルデータを使用することができる
  • コンセンサスアルゴリズムはPoS(Proof of Stake)の発展型であるDPoS(Delegated Proof of Stake)を採用
    データ検証・承認や運営に関わる提案への決定権を持つノード(ユーザー端末)へBANDトークンを投票し、投票したノードが正しい検証・承認をしたりガバナンスに選任されると報酬を得ることができる
  • Google Cloudのビッグデータ解析サービス「BigQuery」と統合し、Band Protocolが提供するデータをBigQuery上で利用することができる

BAND供給量

BANDの総供給量は129,302,157枚で、現在の市場流通量は約5,300万枚

Band Protocol(BAND)取扱取引所

Band Protocol(BAND)は海外の取引所で取り扱われています

BAND(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Bitget Token(BGB)]

    Bitget Token(BGB)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ USD Coin(USDC)]

    USD Coin(USDC)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[Flare(FLR)]

    Flare(FLR)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Tether-Gold(XAUT)]

    Tether Gold(XAUT)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Wrapped BNB(WBNB)]

    Wrapped BNB(WBNB)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Keep Network(KEEP)]

    Keep Network(KEEP)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Volt Inu V2(VOLT)]

    Volt Inu V2(VOLT)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ TerraClassicUSD(USTC)]

    TerraClassicUSD(USTC)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Kusama(KSM)]

    Kusama(KSM)

↓リットリンクはじめました

lit.link(リットリンク)は、無料のSNSリンクまとめサービス。暗号資産・仮想通貨ナビのリットリンク