Nano / ナノ(XNO)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Nano(XNO)]

Nano(XNO)

Nano / ナノ とは

Nanoとは、取引手数料無料で高速な送金システムを提供するブロックチェーンプラットフォーム
「現代のデジタルマネー」と言われている
独自のブロック格子データ構造を用いた非中央集権的なP2Pネットワーク
コンセンサスアルゴリズム(合意形成)はORV(Open Representative Voting)というシステムを採用
2014年にRailBlocks(XRB)の名でローンチされ、2018年1月、現在の名称にリブランディング
2022年11月25日現時点で時価総額ランキング165位

Nanoの通貨記号

「XNO」

Nanoの創立者

ソフトウェア開発者でエンジニアのColin LeMahieu氏によって設立された
同氏は著名なDell社など著名なハイテク企業で経験を積み、暗号資産(仮想通貨)の分野でも名が知られており、Nanoの開発と採用促進を担うNano財団のCEO(最高経営責任者)を務めている

NanoのオフィシャルHP

https://nano.org/

Nano(XNO)の特徴

  • 多くの暗号資産取引は数分以上かかるのに対し、Nanoのほとんどの取引は1秒以内に完結できる
    そのため、実店舗での決済手段として最適であると言える
  • Nanoが採用している分散台帳技術「DAG(有効非巡回グラフ)」では、マイナー(採掘者)にマイニング報酬を支払うシステムではなく、ユーザー同士のP2Pで取引完了となるため取引手数料が無料
  • 独自システム「ORV(Open Representative Voting)」は、XNO保有者が代表者を投票により選任し、選ばれた代表者がブロックに記録される取引データが正しいのか検証し承認する仕組み
    代表者の投票権は、XNO保有者からの合計投票権に比例

XNOの供給量

WEMIXの総供給量は133,248,297枚で、現在そのすべてが市場に流通済み

Nano(XNO)取扱取引所

WEMIX(WEMIX)は海外の取引所で取り扱われています

XNO(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ dYdX(DYDX)]

    dYdX(DYDX)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ポリゴン(MATIC)]

    ポリゴン(MATIC)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ BORA(BORA)]

    BORA(BORA)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ 1inch Network(1INCH)]

    1inch Network(1INCH)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ディセントラランド(MANA)]

    ディセントラランド(MANA)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Ontology(ONT)]

    Ontology(ONT)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Threshold(T)]

    Threshold(T)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ エルロンド(EGLD)]

    MultiversX (EGLD)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Kusama(KSM)]

    Kusama(KSM)