Huobi BTC / フォビBTC(HBTC)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Huobi BTC(HBTC)]

Huobi BTC(HBTC)

Huobi BTC / フォビBTC とは

Huobi BTC(HBTC)とは、暗号資産(仮想通貨)取引所Fuobiが発行する暗号資産担保型ステーブルコイン
※ステーブルコイン:法定通貨や金と暗号資産(仮想通貨)が連動する通貨【HBTCはビットコイン(BTC)と連動】
中央集権型市場と分散型市場との橋渡しとなり、DeFi(分散型金融)市場に流動性をもたらすことが目的
イーサリアムのERC-20規格でラッピングされたBTCとして、標準のBTCよりも高い柔軟性と流動性を提供している
2020年9月にローンチされ、2023年1月24日現時点で時価総額ランキング207位

Huobi BTCの通貨記号

「HBTC」ERC-20規格のステーブルコインで、1HBTC=1BTCになるようペッグ(固定)されている
取引手数料、保有通貨をネットワークに預け入れることで報酬を得られるステーキングなどに使用されている

Huobi BTCの創立者

取引所Huobiのブロックチェーンチームによって設立

HuobiのオフィシャルHP

https://www.htokens.finance/

Huobi BTC(HBTC)の特徴

  • ユーザーは様々なDeFi市場やDEX(分散型取引所)でHBTCの取引が可能
    例えば、DEXであるユニスワップの流動性プールにHBTCで流動性を提供することで報酬を得ることもできる
  • ビットコインの取引処理速度は約10分だが、Huobi BTCでは取引処理速度が約5分となり非常に高速
  • オンチェーンのプラットフォーム間でBTCを転送する手数料としてHBTCを使用すると、ERC-20規格のトークンと同率の手数料が発生し、ビットコインでの取引手数料よりも安価になる

HBTCの供給量

HBTCの発行上限は設定されておらず、現在のFXSの市場流通量は約3,900万枚
Huobi BTCにBTCを入金するとHBTCが発行される仕組み

Huobi BTC(HBTC)取扱取引所

Huobi BTC(HBTC)は海外の取引所で取り扱われています

HBTC(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ポルカドット(DOT)]

    ポルカドット(Polkadot / DOT)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ inSure DeFi(SURE)]

    inSure DeFi(SURE)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Request(REQ)]

    Request(REQ)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Threshold(T)]

    Threshold(T)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ クロノス(CRO)]

    クロノス(CRO)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Lido Staked ETH(stETH)]

    Lido Staked ETH(stETH)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Vibing(VBG)]

    Vibing(VBG)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ WAX(WAXP)]

    WAX(WAXP)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ビットコイン(BTC)]

    ビットコイン(BTC)

↓リットリンクはじめました

lit.link(リットリンク)は、無料のSNSリンクまとめサービス。暗号資産・仮想通貨ナビのリットリンク