Covalent / コバレント(CQT)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Covalent(CQT)]

Covalent(CQT)

Covalent / コバレントとは

Covalentとは、複数の主要ブロックチェーンプラットフォームからデータを集めて形式を統一し、外部に提供するプロジェクト
ユーザーは異なるチェーンのあらゆるデータを1つのAPIで取得することができる
※API(Application Programming Interface):プログラム同士をつなぐインターフェース(接点)
データインデックス作成といったネットワークへの貢献に対し報酬としてCQTトークンを獲得可能
コンセンサスアルゴリズムはDPoS(Delegated Proof of Stake)を採用
2023年4月19日現時点で時価総額ランキング291位

Covalentの通貨記号

「CQT」ネイティブコイン
サービス利用料、ステーキング、報酬、ガバナンストークンなどに使用される
※ステーキング:保有通貨をネットワークに預け入れることで報酬を得られるシステム
※ガバナンストークン:運営に関わる提案への投票権として使用されるトークン

Covalentの創立者

CovalentのCEO(最高経営責任者)で物理学者のGanesh Swami氏、CovalentのCTO(最高技術責任者)でIBMでの経歴を持つLevi Aul氏による共同設立

CovalentのオフィシャルHP

https://www.covalenthq.com/

Covalent(CQT)の特徴

  • イーサリアム、バイナンス、ポルカドット、アバランチ、ポリゴンといった主要ブロックチェーンに対応
  • Covalentを使用することで、異なるチェーンの異なるデータ形式を1つの形式に統一することができる
    例えば「NFT(非代替性トークン)」というクエリ(要求)を送信するだけで、各ブロックチェーンの統一されたデータを1つのAPIで取得することが可能
  • ブロックチェーンに記録されるあらゆるデータを、「ブロック標本」と呼ばれるフォーマットにインデックス化することができる
    ユーザーはこのブロック標本を発行すると報酬としてCQTトークンを獲得可能
  • コンセンサスアルゴリズムはDPoS(Delegated Proof of Stake)を採用
    CQTトークン保有者はバリデータ(ブロック承認者)にトークンを委任し、委任されたバリデータが正しくブロック承認を実行すると、報酬としてそのバリデータと委任者にCQTトークンが付与される
  • 分散型自律組織のDAOによって運営・管理が行われている

CQTの供給量

CQTの発行上限は10億枚で、現在の市場流通量は約5億6,000万枚

Covalent(CQT)取扱取引所

Covalent(CQT)は海外の取引所で取り扱われています

CQT(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ T-mac DAO(TMG)]

    T-mac DAO(TMG)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ポリゴン(MATIC)]

    ポリゴン(MATIC)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Voyager Token(VGX)]

    Voyager Token(VGX)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Conflux(CFX)]

    Conflux(CFX)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Decred(DCR)]

    Decred(DCR)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ICON(ICX)]

    ICON(ICX)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Steem(STEEM)]

    Steem(STEEM)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Reserve Rights(RSR)]

    Reserve Rights(RSR)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Kyber Network Crystal v2(KNC)]

    Kyber Network Crystal v2(KNC)

↓リットリンクはじめました

lit.link(リットリンク)は、無料のSNSリンクまとめサービス。暗号資産・仮想通貨ナビのリットリンク