Dero / デロ(DERO)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Dero(DERO)]

Dero(DERO)

Dero / デロとは

Deroとは、高速かつ匿名性の高いブロックチェーンプラットフォーム
秘匿性、セキュリティ、信頼性、ユーザビリティを重視し多くのユーザーをサポートするために開発された
ネイティブチェーン上にスマートコントラクト(契約自動化システム)を実装した最初のCryptoNoteブロックチェーン
※CryptoNote:トランザクションの送受信者を暗号化し関係者全員の身元を隠すことができ、取引内容は当事者本人しか開示されないシステム
DAG機能(有効非巡回グラフ)とスマートコントラクトを組み合わせることで高速な取引処理速度を実現
コンセンサスアルゴリズムはPoW(Proof of Work)を採用
2018年4月にローンチされ、2023年3月31日現時点で時価総額ランキング237位

Deroの通貨記号

「DERO」取引手数料やブロック報酬などに使用されている

Deroの創立者

暗号化で10年以上、ブロックチェーン開発で数年の経験を持つによる3人の匿名開発者チームによって設立された

DeroのオフィシャルHP

https://dero.io/

Dero(DERO)の特徴

  • スマートコントラクトによって取引内容は秘匿化され、処理作業のほとんどが自動的に実行されるため安全かつ高速に取引処理が実行される
  • PoWにDAG機能を実装することで、複数のブロックの並列処理が可能
    これによってDeroでのブロック生成時間は約12秒となった(ビットコインのブロック生成時間は約10分)
    ※DAG機能(有効非巡回グラフ):従来のブロックチェーンは取引データがまとめられた1つのブロックに対し2方向のチェーンで繋がっていく形式である一方、新技術のDAGは取引データを直接かつランダムに繋げる形式。大量のデータを同時並列的に処理が可能となる技術。
  • 秘匿性が高いため、マネーロンダリングといった不正取引に利用される懸念点がある

DEROの供給量

DEROの発行上限は2,100万枚で、現在の市場流通量は約1,340万枚

Dero(DERO)取扱取引所

Dero(DERO)は海外の取引所で取り扱われています

DERO(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ AVINOC(AVINOC)]

    AVINOC(AVINOC)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Amp(AMP)]

    Amp(AMP)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ MXC(MXC)]

    MXC(MXC)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ SKALE(SKL)]

    SKALE(SKL)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Neutrino USD(USDN)]

    Neutrino USD(USDN)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Radix(RDX)]

    Radix(XRD)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Morpheus.Network(MNW)]

    Morpheus.Network(MNW)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ソラナ(SOL)]

    ソラナ(Solana / SOL)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Flow(FLOW)]

    Flow(FLOW)

↓リットリンクはじめました

lit.link(リットリンク)は、無料のSNSリンクまとめサービス。暗号資産・仮想通貨ナビのリットリンク