Hashflow(HFT)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Hashflow(HFT)]

Hashflow(HFT)

Hashflowとは

Hashflowとは、相互運用性に優れ、スリッページリスクが軽減されるよう設計されたDEX(分散型取引所)
すべての取引手数料が無料
Play to Earn(遊んで稼ぐ)型ゲーム「Hashverse」内で使用可能
2022年11月にローンチされ、2023年2月14日現時点で時価総額ランキング200位

Hashflowの通貨記号

「HFT」ERC-20規格のネイティブトークン
プロトコル手数料、Hashverseでのステーキング・ガバナンストークンなどに使用されている
※ステーキング:保有通貨をネットワークに預け入れることで報酬を得られるシステム
※ガバナンストークン:運営に関わる提案への投票権として使用されるトークン

Hashflowの創立者

CEO(最高経営責任者)のVarun Kumar氏、CTO(最高技術責任者)のVictor Ionesuc氏、COO(最高執行責任者)のVinod Raghavan氏による共同設立
Varun Kumar氏:ドイツ航空宇宙センターやNASAで航空宇宙エンジニアとしての経歴を持つ
Victor Ionesuc氏:AirbnbやGoogleで大規模プロジェクトを主導しチームを管理した経歴を持つ
Vinod Raghavan氏:モルガンスタンレーやゴールドマンサックスで経営幹部コンサルタントとしての経歴を持つ

HashflowのオフィシャルHP

https://www.hashflow.com/

Hashflow(HFT)の特徴

  • 外部ブリッジを必要とせず、ウォレットを接続するだけで異なるチェーン間の資産取引をシームレスに数分以内で処理することができる
  • 価格設定は暗号署名に裏付けられたオフチェーンで行うことができ、手数料無料で効率的な価格設定が可能
  • すべての価格見積は表示価格で実行されるためスリッページリスクの軽減が可能
    ※スリッページ:注文時の価格と実際に注文が成立(約定)した時の価格の差のこと
  • ハリウッドの大手広告制作会社スーパーコンダクターが開発したPlay to Earn型ゲーム「Hashverse」内でHFTトークンをステーキングすることで報酬を獲得可能で、ステーク量に応じてガバナンスに参加することもできる
    ゲームのクエストをクリアすることで報酬としてHFTトークンを獲得可能

HFTの供給量

HFTの総供給量は10億枚で、現在の市場流通量は約1億8,600万枚

Hashflow(HFT)取扱取引所

Hashflow(HFT)は海外の取引所で取り扱われています

HFT(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ MobileCoin(MOB)]

    MobileCoin(MOB)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[STASIS EURO(EURS)]

    STASIS EURO(EURS)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[Shiba Inu(SHIB)]

    Shiba Inu(SHIB)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ エンジンコイン(ENJ)]

    エンジンコイン(ENJ)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ WINkLink(WIN)]

    WINkLink(WIN)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Zilliqa(ZIL)]

    Zilliqa(ZIL)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Multichain(MULTI)]

    Multichain(MULTI)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Kava(KAVA)]

    Kava(KAVA)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Render Token(RNDR)]

    Render Token(RNDR)

↓リットリンクはじめました

lit.link(リットリンク)は、無料のSNSリンクまとめサービス。暗号資産・仮想通貨ナビのリットリンク