Chromia / クロミア(CHR)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Chromia(CHR)]

Chromia(CHR)

Chromia / クロミア とは

Chromiaとは、DApps(分散型アプリケーション)を構築するためのブロックチェーンプラットフォーム
既存DAppsの強化、次世代DAppsの作成ができるよう設計されており、スケーラビリティ、高速なデータ処理、カスタマイズ可能な料金体系を提供
レイヤー1のパブリックブロックチェーンで、バイナンススマートチェーン・イーサリアム向けEVM(仮想マシン)互換のレイヤー2拡張機能がある
NFT(非代替性トークン)ゲームやDeFi(分散型金融)を導入している
2019年5月にローンチされ、2022年12月15日現時点で時価総額ランキング191位

Chromiaの通貨記号

「CHR」Chromiaエコシステムの標準通貨として、DAppsの手数料やホスティング料金の支払い、ステーキングやプール目的などに使用されている
※ステーキング:保有通貨を預け入れることで報酬を得られるシステム

Chromiaの創立者

ブロックチェーン開発企業であるChromeWay社によって開発された
同社はCEO(最高経営責任者)のHenrik Hjelte氏、COO(最高執行責任者)のOr Perelman氏、CTO(最高技術責任者)のAlex Mizrahi氏による共同設立

ChromiaのオフィシャルHP

https://chromia.com/

Chromia(CHR)の特徴

  • 従来のプラットフォームでは時系列でデータ管理をしており、過去の取引を見るには膨大な情報をひとつひとつ確認する必要があった
    一方、Chromiaが採用するリレーショナルデータベースでは必要な情報を抽出しやすい仕組みとなっているため処理速度が速い
  • 開発者にとって使いやすいプラットフォームを目指すChromiaは、効率的にアプリケーションを構築できる環境を整え、構築したアプリケーションの料金体系をカスタマイズすることができる
    たとえば、CHRトークンで取引手数料の支払いをしたり、CHRトークンを預け入れることで取引手数料を無料にする等々
  • 複数のゲームアプリのNFT化に成功しており、NFT以外にも様々な企業や政府機関と提携している
    ブロックチェーン事業では、米州開発銀行(IDB)は不動産取引に関するオープンソースのアプリケーションを開発
    DeFi分野では、オプション取引プラットフォーム「Hedget」
    政府の土地登記計画「LAC PropertyChain」などにも採用されている

CHRの供給量

CHRの発行上限は10億枚で、現在の市場流通量は約6億8,600万枚

Chromia(CHR)取扱取引所

Chromia(CHR)は海外の取引所で取り扱われています

CHR(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Trust Wallet Token(TWT)]

    Trust Wallet Token(TWT)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Neo(NEO)]

    Neo(NEO)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Gemini Dollar (GUSD)]

    Gemini Dollar(GUSD)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ モネロ(XMR)]

    モネロ(XMR)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Optimism(OP)]

    Optimism(OP)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Chain(XCN)]

    Onyxcoin(XCN)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Convex Finance(CVX)]

    Convex Finance(CVX)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Nexo(NEXO)]

    Nexo(NEXO)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Lido Staked ETH(stETH)]

    Lido Staked ETH(stETH)