API3(API3)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ API3(API3)]

API3(API3)

API3とは

API3とは、株価や天気といった実世界のデータとブロックチェーンを繋ぐ分散型オラクルのオープンソースプラットフォーム
イーサリアムブロックチェーン上に構築されている
APIプロバイダーが独自ノードである「Airnode(エアーノード)」を操作することで分散性を向上
2020年12月にローンチされ、2022年12月19日現時点で時価総額ランキング185位

API3の通貨記号

「API」イーサリアムのERC-20
保有通貨を預け入れることで報酬を得られるステーキング、運営に関わる提案への投票権などに利用されている

API3の創立者

ブロックチェーンラボのCLCグループの創設者兼CEO(最高経営責任者)であったHeikki Vanttien氏、
同じくCLCグループの創設者兼CTO(最高技術責任者)であったBurak Benligiray氏、
トロント大学のコンピュータ科学講師や、メタ社(旧Facebook社)のソフトウェアエンジニアとしての経歴を持つSaša Milić氏による共同設立

API3のオフィシャルHP

https://api3.org/

API3(API3)の特徴

  • 従来のオラクルネットワークと比べ、より高いセキュリティ・効率性・データソースの透明性を提供することを目的とするファーストパーティのAPI(Application Programing Interface / アプリケーションプログラミングインターフェイス)
  • 独自のAirnodeにより、最新データのAPIとスマートコントラクト(契約自動化システム)を直接結ぶことに成功し、ブロックチェーンのオラクル問題解決に貢献
    ※ブロックチェーンのオラクル問題:ブロックチェーンにおいて実世界データをどのように信頼するか、という問題
  • 分散型自律組織である「API3 DAO」によって運営されている非中央集権型プロジェクト
  • API3トークンをステーキング(預け入れ)することでAPI DAOへの投票権が与えられ、ガバナンスに参加すると報酬を得ることができる

API3供給量

API3の総供給量は119,045,463枚で、現在の市場流通量は約7,000万枚

API3(API3)取扱取引所

API3(API3)は海外の取引所で取り扱われています

API3(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Pax Dollar(USDP)]

    Pax Dollar(USDP)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[リップル(XRP)]

    リップル(Ripple / XRP)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Polymath(POLY)]

    Polymath(POLY)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Bone ShibaSwap(BONE)]

    ShibaSwap(BONE)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Zcash(ZEC)]

    Zcash(ZEC)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Gemini Dollar (GUSD)]

    Gemini Dollar(GUSD)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[FTXトークン(FTT)]

    FTXトークン(FTT)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[Beldex(BDX)]

    Beldex(BDX)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Morpheus.Network(MNW)]

    Morpheus.Network(MNW)

↓リットリンクはじめました

lit.link(リットリンク)は、無料のSNSリンクまとめサービス。暗号資産・仮想通貨ナビのリットリンク