WINkLink(WIN)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ WINkLink(WIN)]

WINkLink(WIN)

WINkLinkとは

WINkLinkとは、トロン(TRX)エコシステム初の分散型オラクルを提供するブロックチェーンプラットフォーム
※オラクル:スマートコントラクト(契約自動化システム)に外部データや情報を提供する第三者システム、サービス
ユーザーがオラクルコントラクトを展開し、それが使用されると開発者に報酬が支払われる仕組み
プラットフォーム「WINk」ではオンラインカジノを提供しており、WINトークンを使ってゲームをプレイできる
2019年8月にローンチされ、2022年12月15日現時点で時価総額ランキング192位

WINkLinkの通貨記号

「WIN」トロンのERC-20規格

WINkLinkの創立者

WINkLink社のCEO(最高経営責任者)はLucia Wong氏

WINkLinkのオフィシャルHP

https://winklink.org/

WINkLink(WIN)の特徴

  • 多くのアルトコインがイーサリアムブロックチェーンを採用する中、WINkLinkは、取引処理速度が速く拡張性が高いという特徴を持つトロンブロックチェーンを採用
  • 信頼できるリアルタイムのデータをオープンソースのスマートコントラクト上に展開することを目指している
  • 開発者が展開したオラクルサービスをノード(ユーザー)が契約し利用されると、ノードが支払った手数料を報酬として開発者に付与される
  • WINkプラットフォームでは数百種類のオンラインカジノゲームや宝くじ、スポーツベットなどのゲームが提供されており、これらはWINトークンを使って楽しむことができる
    ※2022年12月現在、日本においてオンラインカジノ(賭博サービス)は違法ではないがグレーゾーンになるため普及は難しい

WINの供給量

WINの発行上限は9,990億枚で、現在の市場流通量は約9,600億枚

WINkLink(WIN)取扱取引所

WINkLink(WIN)は海外の取引所で取り扱われています

WIN(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ シータネットワーク(THETA)]

    シータ ネットワーク(THETA)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Lisk(LSK)]

    Lisk(LSK)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ssv.network(SSV)]

    ssv.network(SSV)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ iExec RLC(RLC)]

    iExec RLC(RLC)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Lido DAO(LDO)]

    Lido DAO(LDO)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Tribe(TEIBE)]

    Tribe(TRIBE)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ MXC(MXC)]

    MXC(MXC)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ yearn.finance(YFI)]

    yearn.finance(YFI)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Hive(HIVE)]

    Hive(HIVE)