Polymath / ポリーマス
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Polymath(POLY)]

Polymath(POLY)

Polymath / ポリーマス とは

Polymathとは、ブロックチェーン上でセキュリティトークンを発行し、金融証券とブロックチェーンとの接続を提供するプラットフォーム
※セキュリティトークン:株式や債券、不動産などの有価証券をトークン化したもので、デジタル証券とも呼ばれる
STOプラットフォームを提供するプロジェクト
※STO:Security Token Offering(セキュリティトークンオファリング)の略称、セキュリティトークンを発行することで資金調達を行う(ICOとは異なる)
専門的な知識が無くても直感で気で使いやすいツールで、従来の金融証券に比べで管理しやすい
2017年にローンチされ、2022年10月12日現時点で時価総額ランキング118位

Polymathの通貨記号

「POLY」イーサリアムのERC-1400規格、STOに使用される

Polymathの創立者

創設者兼CEO(最高経営責任者)のEd Nwokedi氏によって設立

PolymathのオフィシャルHP

https://polymath.network/

Polymath(POLY)の特徴

  • イーサリアムのERC-1400を採用することで、証券・所有権の発行、取引、譲渡、メタデータ付与・書き換えを行うことができ、所有権の明確化や配当の多様化が可能となった
  • 投資家やトークン発行者としてSTOに参加する場合、厳しい審査を経て登録されるため信頼性が高く、登録の際に使用された氏名などのデータはブロックチェーン上で管理されるためセキュリティ面でも安心性が高い
  • 有価証券をセキュリティトークンにすることで、所有者が明白になり、自動で配当の支払いが実行され、データはブロックチェーン上で保管されるため実質改ざん不可能となる
  • 多くの有力企業と提携する中、日本の「SBIホールディングス」が国内初のSTO事業を開始した

POLYの供給量

POLYの総供給量は10億枚で、現在の市場流通量は約9億2,500万枚

Polymath(POLY)取扱取引所

Polymath(POLY)は海外の取引所で取り扱われています

POLY(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Gala(GALA)]

    Gala(GALA)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Bone ShibaSwap(BONE)]

    ShibaSwap(BONE)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ DigiByte(DGB)]

    DigiByte(DGB)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ VIDT DAO(VIDT)]

    VIDT DAO(VIDT)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ THORChain(RUNE)]

    THORChain(RUNE)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Gemini Dollar (GUSD)]

    Gemini Dollar(GUSD)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ビットコインキャッシュ(BCH)]

    ビットコインキャッシュ(BCH)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ BORA(BORA)]

    BORA(BORA)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Bitcoin SV(BSV)]

    ビットコインSV(BSV)