Livepeer / ライブピア(LPT)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Livepeer(LPT)]

Livepeer(LPT)

Livepeer / ライブピア とは

Livepeerとは、ブロックチェーン技術を利用した分散型の動画ストリーミングネットワークプロトコル
イーサリアムネットワーク上に構築されているスマートコントラクト(契約自動化システム)の一種
コンセンサスアルゴリズム(合意形成)はDPoS(Delegated Proof of Stake)
2017年にローンチされ、2022年10月14日現時点で時価総額ランキング123位

Livepeerの通貨記号

「LPT」ネイティブトークンで、イーサリアムのERC-20規格
作業報酬や通貨保有量に応じて報酬を得ることができるステーキングなどに使用される

Livepeerの創立者

プラットフォームを支えるLivepeer Labsは、ペンシルベニア大学でコンピュータ科学の学位を修得したDoug Petkanics氏、カーネギーメロン大学でコンピュータ工学の学位を修得したEric Tang氏による共同設立

LivepeerのオフィシャルHP

https://livepeer.org/

Livepeer(LPT)の特徴

  • 非中央集権型のWeb3.0動画配信サービスで、ブロックチェーン技術を利用して放送業界に革命を起こすことが目的
    ちなみに中央集権型の代表的な動画配信サービスはYouTube
  • 中央の管理者に使用料や広告料を支払う必要がないため、従来の動画配信サービスよりも低コストで、分散型により安全にネットワークに参加することができる
  • 配信チャンネルや配信者はイーサリアム(ETH)を、動画の処理と帯域幅に貢献するノード(ユーザー端末)に支払い、その作業の分散方法の調整や監視を行った人(トランスコーダー)にLPTが与えられる
  • コンセンサスアルゴリズムのDPos(Delegated Proof of Stake)はPoS(Proof of Stake)の派生系で、通貨保有者の投票によって選出されたデリゲーター(委任者)が取引承認を行う仕組み
    PoSに比べて承認者が減るため、取引処理速度が速い

LPTの供給量

LPTの総供給量は25,866,594枚で、現在の市場流通量は約2,480万枚

Livepeer(LPT)取扱取引所

Livepeer(LPT)は海外の取引所で取り扱われています

LPT(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Huobi Token(HT)]

    フォビトークン(HT)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ディセントラランド(MANA)]

    ディセントラランド(MANA)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ネム(XEM)]

    ネム(XEM)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ABBC Coin(ABBC)]

    ABBC Coin(ABBC)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ DODO(DODO)]

    DODO(DODO)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Ardor(ARDR)]

    Ardor(ARDR)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ポルカドット(DOT)]

    ポルカドット(Polkadot / DOT)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ イーサリアムクラシック(ETC)]

    イーサリアムクラシック(ETC)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Harmony(ONE)]

    Harmony(ONE)

↓リットリンクはじめました

lit.link(リットリンク)は、無料のSNSリンクまとめサービス。暗号資産・仮想通貨ナビのリットリンク