Kaspa / カスパ(KAS)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[Kaspa(KAS)]

Kaspa(KAS)

Kaspa / カスパとは

Kaspaとは、取引処理速度が高速なオープンソースのレイヤー1コミュニティプロジェクト
「blockDAG」と呼ばれる、並列ブロックと即時トランザクション確認を可能にする分散型デジタル台帳を世界で初めて実装
セキュリティ性の高いPoW(Proof of Work)環境を維持しつつ、高いブロック率に耐えることができる
ビットコイン(BTC)の発案者と言われているサトシナカモトのビジョンを尊重し、最速で純粋なPoWのコンセンサスエンジンになることを目指している
2022年6月にローンチされ、2023年3月1日現時点で時価総額ランキング227位

Kaspaの通貨記号

「KAS」ステーキングなどに使用されている
※ステーキング:保有通貨をネットワークに預け入れることで報酬を得られるシステム

Kaspaの創立者

ハーバード大学のMEV(メガ電子ボルト)研究チームのポスドク(博士研究員)であるYonatan Sompolinsky氏によって設立された

KaspaのオフィシャルHP

https://kaspa.org/

Kaspa(KAS)の特徴

  • ブロックチェーンとは異なる分散型台帳「blockDAG」により高速かつ安全な取引処理が可能
    ブロックチェーンとは、トランザクションがまとめられたブロックが時系列でチェーンに繋がれた構造である一方、
    blockDAGは有効アクリルグラフとも呼ばれ、頂点となるブロックから並列して複数のブロックを参照する数学的な構造となっている
    この数学的構造により、分散型のセキュリティ性を維持しつつ、高スループットのトランザクション帯域幅と即時確認を可能にした最初の暗号資産(仮想通貨)となった
  • GHOSTDAGプロトコルを実装することで、並行して作成されたブロックを共存させ、コンセンサスでの順序付けが可能
    これにより他のブロックチェーンよりも取引処理速度が高速で、詐欺などに利用される二重支払を防止することができる
  • ユーザーはプライバシー設定をカスタマイズすることができ、他のユーザーに自分のトランザクションデータをどの程度公開するか調整可能

KASの供給量

KASの最大供給量は28,704,026,601枚で、現在の市場流通量は約170億枚
音楽の12音階に基づき、排出量を幾何学的に減少させる独自の金融政策を採用しており、ブロック報酬は1年に1回半減する
ブロック率に関係なく1秒当たりの発行量が決定し、ブロック率の変更に応じて報酬が調整され、同じ排出率が維持される仕組み

Kaspa(KAS)取扱取引所

Kaspa(KAS)は海外の取引所で取り扱われています

KAS(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Gala(GALA)]

    Gala(GALA)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Powerledge(POWR)]

    Powerledger(POWR)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Wrapped BNB(WBNB)]

    Wrapped BNB(WBNB)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Injective(INJ)]

    Injective(INJ)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Hive(HIVE)]

    Hive(HIVE)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Nano(XNO)]

    Nano(XNO)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Syscoin(SYS)]

    Syscoin(SYS)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ssv.network(SSV)]

    ssv.network(SSV)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Celo(CELO)]

    Celo(CELO)

↓リットリンクはじめました

lit.link(リットリンク)は、無料のSNSリンクまとめサービス。暗号資産・仮想通貨ナビのリットリンク