アバランチ / Avalanche(AVAX)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[Avalanche(AVAX)]

アバランチ(AVAX)

アバランチ / Avalancheとは

アバランチとは、DApps(分散型アプリケーション)やDeFi(分散型金融)を構築するためのプラットフォームとして機能するパブリックブロックチェーン
プロジェクト内で使用される暗号資産(仮想通貨)が「AVAX」
2020年9月にメインネットを立ち上げ、2022年7月20日時点では時価総額ランキング14位
独自のコンセンサスアルゴリズム「アバランチコンセンサス」は、取引を高速かつ低コストで処理できる
イーサリアムと互換性があり、NFTを比較的簡単に発行可能

アバランチの通貨記号

「AVAX」アバックスと読む

アバランチの創立者

米国最難関大学のひとつであるコーネル大学の教授エマン・ギュン・シラー氏、同大学コンピューター科学博士のケビン・セクニーキ氏、同大学博士課程指導教官のマオファン・”テッド”・イン氏らによって設立されたAva Labsで開発された

アバランチのオフィシャルHP

https://www.avax.network/

アバランチ(AVAX)の特徴

  • 独自のコンセンサスアルゴリズムである「アバランチコンセンサス」の取引処理速度は非常に速く、例えばビットコインは1秒に7件、イーサリアムは1秒に15件の取引が処理できるとされているのに対し、アバランチは1秒に4,500件以上の取引処理が可能
  • 一部のノード(ユーザー端末)のみが特定の取引を承認することで同時に複数の承認ができる
  • 取引1件につき10段階以上の確認処理を高速で経るため高い正確性があり、取引1件につきガス代(手数料)を100円未満に抑えられるためスケーラビリティ問題の解決に貢献している
  • プログラムを変換しコンピューターへ伝えるイーサリアム独自の処理実行環境「EVM(イーサリアム仮想マシン)」を備えたブリッジ機能があり、イーサリアムと互換性がある
  • ブリッジ機能があるためイーサリアム上で構築したDeFiをアバランチでも使うことができ、発行したNFTを他のウォレットに送り、別のNFT市場で売買可能

AVAXの供給量

SHIBの総供給量は7億2,000万枚
総供給量の50%はステーキング(長く多くコインを保有することで報酬を得られるシステム)に割り当てている

アバランチ(AVAX)取扱取引所

アバランチ(AVAX)は日本×海外の取引所で取り扱われています

AVAX(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[テザー(USDT)]

    テザー(USDT)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ファイルコイン(FIL)]

    ファイルコイン(FIL)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Neo(NEO)]

    Neo(NEO)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ソラナ(SOL)]

    ソラナ(Solana / SOL)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[トロン(TRON)]

    トロン(TRON / TRX)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Mina(MINA)]

    Mina(MINA)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Trust Wallet Token(TWT)]

    Trust Wallet Token(TWT)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Gemini Dollar (GUSD)]

    Gemini Dollar(GUSD)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ 1inch Network(1INCH)]

    1inch Network(1INCH)