Ontology / オントロジー(ONT)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Ontology(ONT)]

Ontology(ONT)

Ontology / オントロジーとは

Ontologyとは、企業向け分散型台帳を提供するパブリックブロックチェーンプロジェクト
取引処理速度が速く、安全性・透明性が高い
スマートコントラクト(取引自動化システム)に対応しており、DApps(分散型アプリケーション)やNFT(非代替性トークン)への参入に積極的
中国版イーサリアムと言われているNEOとの統合を予定しており、中国政府のとの提携も視野に入れられている
2018年3月にローンチし、2022年11月1日現時点で時価総額ランキング147位

Ontologyの通貨記号

「ONT」保有量に応じて報酬を得ることができるステーキングに対応

Ontologyの創立者

中国版イーサリアムと呼ばれているNEOを設立した中国企業OnChain社によって設立された

OntologyのオフィシャルHP

https://ont.io/

Ontology(ONT)の特徴

  • Ontologyが提供するパブリックブロックチェーンは、各企業の目的に応じて自由にカスタマイズすることができ相互性に優れており、異なるブロックチェーン同士でもデータ等のやりとりができる
    代表的なサービスの「ONT ID」は、継続的な監視やメンテナンスを行うことなく暗号化されたIDや個人情報を保護することができ、不正アクセスや乗っ取りを防止可能
    (例えば病院患者のデータや医療記録を安全に取り扱うなどのユースケースが見込める)
  • スマートコントラクトを導入し、大幅な時間とコストの削減を実現
  • OntologyとNEOを設立したOnChain社は中国最大手グループ企業のアリババといった世界規模の企業から融資を受けており信頼性が高い
  • OntologyはNEOのプラットフォームをベースに構築され、NEOトークン保有者に対しONTトークンが配布されたのが始まりで、ICO(新規仮想通貨公開)は行われていない
    OntologyとNEOは戦略と技術面において統合される予定で、将来的に中国政府との提携も視野に入れている

ONTの供給量

ONTの総供給量は10億枚で、現在の市場流通量は約8億7,500万枚

Ontology(ONT)取扱取引所

Ontology(ONT)は国内×海外の取引所で取り扱われています

ONT(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Serum(SRM)]

    セラム(SRM)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Aave(AAVE)]

    Aave(AAVE)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Oasis Network (ROSE)]

    Oasis Network(ROSE)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ポルカドット(DOT)]

    ポルカドット(Polkadot / DOT)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ビットトレント(BTT)]

    ビットトレント(BTT)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ アルゴランド(ALGO)]

    アルゴランド(ALGO)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ エルロンド(EGLD)]

    MultiversX (EGLD)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Balancer(BAL)]

    Balancer(BAL)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Smooth Love Potion(SLP)]

    Smooth Love Potion(SLP)