SKALE(SKL)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ SKALE(SKL)]

SKALE(SKL)

SKALEとは

SKALEとは、相互運用可能なブロックチェーンプラットフォーム
EVM(イーサリアム仮想マシン)機能があり、イーサリアムベースのスマートコントラクト(契約自動化システム)をSKALEチェーンに直接展開することで高速な取引処理速度が引き継がれる
一定の処理量まではガス代(取引手数料)が無料
2020年12月にローンチされ、2022年11月16日現時点で時価総額ランキング162位

SKALEの通貨記号

「SKL」
ネットワーク上での支払い、ネットワークへ貢献することで報酬を得られるステーキング、運営に関わる提案への投票権としてのガバナンストークン等に使用される

SKALEの創立者

ブロックチェーンと分散型システム専門の起業家でSKALE社のCEO(最高経営責任者)であるJack O’Holleran氏、シリコンバレーで技術系役員としての経歴を持つStan Kladko氏による共同設立

SKALEのオフィシャルHP

https://skale.space/

SKALE(SKL)の特徴

  • モジュール式のレイヤー1およびレイヤー2のハイブリッド型ネットワーク
    イーサリアム上のDApps(分散型アプリケーション)の発展をサポートするのが目的であり、イーサリアムネットワークからSKALEのブロックチェーンにプロジェクトを移行することで、ガス代を低減しつつ取引処理速度の高速化を実現
  • SKALEに接続するブロックチェーンは設定を変更することができ、チェーンサイズ、コンセンサスアルゴリズム(合意形成)、仮想マシン、セキュリティ対策などの設定を選択可能
  • SKL保有者はバリデータとして、SKALEの拡張性や安全性の向上に貢献することで報酬を得ることができる
    ※バリデータ:ブロックチェーンに記録される取引データの内容が正しいのかを検証するノード(端末)のこと
  • ユースケースとしてGameFi、メタバース、DeFi(分散型金融)、Web3コンテンツ、dEコマース、DAO(分散型自律組織)、NFT(非代替性トークン)などが挙げられる
  • イーサリアム以外のブロックチェーンにも対応できることが期待されている

SKLの供給量

SKLの発行上限は70億枚で、現在の市場流通量は約40億枚

SKALE(SKL)取扱取引所

SKALE(SKL)は国内・海外の取引所で取り扱われています

SKL(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ シータネットワーク(THETA)]

    シータ ネットワーク(THETA)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ザ・サンドボックス(SAND)]

    ザ・サンドボックス(SAND)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ IOST(IOST)]

    IOST(IOST)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ NEAR Protocol(NEAR)]

    NEAR Protocol(NEAR)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ PlayDapp(PLA)]

    PlayDapp(PLA)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ディセントラランド(MANA)]

    ディセントラランド(MANA)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Aave(AAVE)]

    Aave(AAVE)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Stucks(STX)]

    Stucks(STX)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ABBC Coin(ABBC)]

    ABBC Coin(ABBC)