eCash / イーキャッシュ(XEC)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ eCash(XEC)]

eCash(XEC)

eCash / イーキャッシュ とは

2017年8月にビットコイン(BTC)のハードフォークによってビットコインキャッシュ(BCH)が誕生し、
2018年11月にビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークによってビットキャッシュABC(BCHA)が誕生し、
2021年7月にビットキャッシュABC(BCHA)がリブランディングされ、現在のeCash(XEC)が誕生した
取引処理速度を上げることで商品やサービス代金を支払うための決済手段であることを目標とし、電子マネーとして使用できるよう開発されている
2022年8月29日時点で時価総額ランキング50位

eCashの通貨記号

「XEC」

eCashの創立者

Amaury Sechet氏を主任開発者に置き、ビットコイン(BTC)から始まった3度のフォークを主導
暗号資産(仮想通貨)に関わる以前は旧Facebook社(現メタ社)のソフトウェアエンジニアなどを務めていた

eCashのオフィシャルHP

https://e.cash/

eCash(XEC)の特徴

  • ビットコイン(BTC)が抱える、取引処理速度の遅延や手数料高騰といったスケーラビリティ問題を解決するために開発された暗号資産
  • 開発者は5つの主要な使命を果たすとしている
    1. 取引匿名性の確保
    2. 取引の不変性の確保
    3. 取引がほぼ無料であることを保証
    4. 3秒以内に完了する国際的に安全な取引の実施
    5. コインのインフラを公共財として設計し、その社会契約によって資金を調達
  • 今後はブロックを拡張していき、100億人のユーザーに対して、1日1人あたり50件の取引を可能にすることを目標に掲げている
  • コンセンサスアルゴリズム(合意形成)は暗号資産アバランチ(AVAX)と統合
    ビットコイン時代から継承しているPoW(Proof of Work)を維持しつつ、その上にアバランチレイヤーを追加することでスケーラビリティ問題の解決を実現
  • アバランチのコンセンサスアルゴリズムはPoS(Proof of Stake)であり、それをeCashに導入することで、ビットコインにはなかったステーキング(ネットワークに通貨を預けることで報酬を得る仕組み)が可能となった
  • リブランディングの理由として、小数点以下の桁数を減らすことがコインの普及に役立つとし
    0.00001000BTCを送金する代わりにeCashで10ビットを送金することで日常生活で扱いやすい通貨にしている

XECの供給量

XECの発行上限は21兆枚で、4年ごとにマイナーの報酬が半分になる半減期を迎える

eCash(XEC)取扱取引所

eCash(XEC)は海外の取引所で取り扱われています

XEC(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ チェーンリンク(LINK)]

    チェーンリンク(LINK)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ アルゴランド(ALGO)]

    アルゴランド(ALGO)

  3. USD Coin(USDC)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ エンジンコイン(ENJ)]

    エンジンコイン(ENJ)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ラップドビットコイン(WBTC)]

    ラップドビットコイン(WBTC)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ポルカドット(DOT)]

    ポルカドット(Polkadot / DOT)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ コスモス(ATOM)]

    コスモス(ATOM)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Terra Classic(LUNC)]

    Terra Classic(LUNC)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ イオス(EOS)]

    イオス(EOS)