CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Gifto(GFT)]

Gifto(GFT)

Gifto / ギフトとは

Giftoとは、SNS配信者に対しギフト(投げ銭)を送ることができるWeb3ブロックチェーンプロジェクト
独自の動画配信サービス「Uplive」でサービスが導入されており、登録者数は世界で2,000万人以上
チャリティ団体への寄付やNFT(非代替性トークン)化して取引することも可能
今後、YouTubeやTwitterなど他のSNSでも実装されるよう開発が進められている
2017年12月にGiftoはGTOトークンとしてローンチされ、2023年1月にトークン名称を現在のGFTへリブランディング
2023年2月8日現時点で時価総額ランキング209位

Giftoの通貨記号

「GFT」支払やステーキング、イールドファーミングなどに使用されている
※ステーキング:保有通貨をネットワークに預け入れることで報酬を得られるシステム
※イールドファーミング:DeFi(分散型金融)サービスに暗号資産(仮想通貨)を預け入れ流動性を提供することで報酬を得られるシステム

Giftoの創立者

創設者兼CEO(最高経営責任者)で連続起業家のAndy Tian氏による設立

GiftoのオフィシャルHP

https://gifto.io/

Gifto(GFT)の特徴

  • GFTトークンでギフトを購入してUpliveの配信者に投げ銭として送信することができ、配信者が受け取ったギフトはGFTトークンに変換することができる
  • 投げ銭機能は2023年2月現在でUplive内のみに導入されており、今後YouTubeやTwitter、インスタグラム、Facebookなど他のSNSでも実装予定
  • GFTだけでなく、BTC、BNB、ETH、ステーブルコインなどを含むほとんどのトークンでギフト作成・送信・交換が可能
  • チャリティ団体への寄付やNFTを作成してマーケットプレイスで取引することで収入を得ることができる

GFTの供給量

GFTの総供給量は10億枚で、現在の市場流通量は9億9,900万枚
GTO:GFT=1:1でスワップ(交換)が実施され、スワップ後のGTOトークンはバーンされる
※バーン(焼却):流通済みの通貨を使用不可能にすること

Gifto(GFT)取扱取引所

Gifto(GFT)は海外の取引所で取り扱われています

GFT(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[LUKSO(LYXe)]

    LUKSO(LYXe)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ NXM(NXM)]

    NXM(NXM)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ DigiByte(DGB)]

    DigiByte(DGB)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Kadena(KDA)]

    Kadena(KDA)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ MiL.k(MLK)]

    MiL.k(MLK)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Wilde World(WILD)]

    Wilder World(WILD)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Holo(HOT)]

    Holo(HOT)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Render Token(RNDR)]

    Render Token(RNDR)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ DAO Maker(DAO)]

    DAO Maker(DAO)

↓リットリンクはじめました

lit.link(リットリンク)は、無料のSNSリンクまとめサービス。暗号資産・仮想通貨ナビのリットリンク