DeFiChain(DFI)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ DeFiChain(DFI)]

DeFiChain(DFI)

DeFiChainとは

DeFiChainとは、ビットコイン(BTC)のエコシステム内でDeFi(分散型金融)機能を最大限に引き出すことを目的として構築されたブロックチェーンプラットフォーム
銀行が一般的に提供する金融サービス(借入・貸付・投資・資金預かり)を分散型金融サービスとして高速かつ安全に、高い透明性をもって提供
コンセンサスアルゴリズムはPoW(Proof of Work)とPoS(Proof of Stake)のハイブリッド型
2020年7月にローンチされ、2023年2月9日現時点で時価総額ランキング219位

DeFiChainの通貨記号

「DFI」ネイティブトークン
取引手数料の支払い、借入の担保、ガバナンストークンなどに使用されている
※ガバナンストークン:運営に関わる提案への投票権として使用されるトークン

DeFiChainの創立者

DeFiChain財団の会長兼CEO(最高経営責任者)のJulian Hosp博士、CTO(最高技術責任者)のU-Zyn Chua氏による共同設立

DeFiChainのオフィシャルHP

https://defichain.com/

DeFiChain(DFI)の特徴

  • 分散型ネットワークを基盤とし、迅速かつ透明性の高い取引を低価格のガス代(取引手数料)で実現するよう設計されている
  • DeFiChainのDApps(分散型アプリケーション)向けのサービスとして、貸付、トークンラッピング、オラクル、取引所機能、譲渡可能な債務・債権、無担保債務、資産のトークン化、配当金の分配などがあげられる
    ※オラクル:外部データをブロックチェーンに組み込むシステム
  • プロトコルの構築は誰でも参加することができ、参加者は報酬としてDFIトークンを獲得可能
  • PoWとPoSのハイブリッド型コンセンサスアルゴリズムを採用することで、高い安全性を実現している

DFIの供給量

DFIの発行上限は12億枚で、現在の市場流通量は約5億1,000万枚

DeFiChain(DFI)取扱取引所

DeFiChain(DFI)は海外の取引所で取り扱われています

DFI(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[TrueFi(TRU)]

    TrueFi(TRU)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ヘデラ ハッシュグラフ(HBAR)]

    ヘデラ(HBAR)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Harmony(ONE)]

    Harmony(ONE)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Gemini Dollar (GUSD)]

    Gemini Dollar(GUSD)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Ankr(ANKR)]

    Ankr(ANKR)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ BinaryX(BNX)]

    BinaryX(BNX)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Fei USD(FEI)]

    Fei USD(FEI)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ XDC Network(XDC)]

    XDC Network(XDC)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Huobi Token(HT)]

    フォビトークン(HT)

↓リットリンクはじめました

lit.link(リットリンク)は、無料のSNSリンクまとめサービス。暗号資産・仮想通貨ナビのリットリンク