Injective / インジェクティブ(INJ)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Injective(INJ)]

Injective(INJ)

Injective / インジェクティブ とは

Injectiveとは、DeFi(分散型金融)アプリケーション向けのスマートコントラクトプラットフォーム「Injective Protocol(インジェクティブ・プロトコル)」のこと
EVM(イーサリアム仮想マシン)と互換性があり、クロスチェーンに対応
取引データの保存と取引処理をそれぞれ別のレイヤーで行う2レイヤープロトコルを採用
ガス代(取引手数料)が無料
2020年10月にローンチし、2022年11月4日現時点で時価総額ランキング148位

Injectiveの通貨記号

「INJ」
保有量に応じて報酬を得ることができるステーキング、運営に関わる提案への投票権としてのガバナンストークンとして使用されている

Injectiveの創立者

Injectiveを支えるInjecrive Labs社は、金融理学士号を持つEric Chen氏、エンジニアのAlbert Chon氏による共同設立

InjectiveのオフィシャルHP

https://injective.com/

Injective(INJ)の特徴

  • 銀行などの中央管理者を置かず、ユーザー同士が直接金融取引を行うことができるため、とりひきにかかる時間やコストを大幅に削減可能
  • ユーザーは自身の目的に合わせた任意の取引市場を作成することができ、異なるブロックチェーン間で取引することができるクロスチェーンに対応している
  • 2レイヤープロトコルを採用し、取引データの保存をレイヤー1、取引処理をレイヤー2で行うことでスケーラビリティ問題の解決に貢献
    ※スケーラビリティ問題:ユーザー増加に伴う取引処理速度の遅延や手数料高騰といった問題
  • イーサリアムブロックチェーンと互換性があるためスマートコントラクト(契約自動化システム)を利用することができ、尚且つイーサリアムよりも取引処理速度が速く、手数料も少ない

INJの供給量

INJの総供給量は1億枚で、現在の市場流通量は約7,300万枚

Injective(INJ)取扱取引所

Injective(INJ)は海外の取引所で取り扱われています

INJ(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Nano(XNO)]

    Nano(XNO)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Neo(NEO)]

    Neo(NEO)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ APENFT(NFT)]

    APENFT(NFT)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ OMG Network(OMG)]

    OMG Network(OMG)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Neutrino USD(USDN)]

    Neutrino USD(USDN)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Curve DAO Token(CRV)]

    Curve DAO Token(CRV)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Livepeer(LPT)]

    Livepeer(LPT)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Gnosis (GNO)]

    Gnosis(GNO)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ビットトレント(BTT)]

    ビットトレント(BTT)