WAX / ワックス(WAXP)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ WAX(WAXP)]

WAX(WAXP)

WAX / ワックス とは

WAXとは、NFT(非代替性トークン)の売買と作成ができる分散型台帳取引プラットフォーム
開発元は世界的大手のゲーム内アイテム取引サイト「OPSkins」
イーサリアムキラーであるEOSを基盤に構築されている
有名ゲーム会社カプコンなど、多数の大手企業が利用
WAXPトークンを担保にしてキャッシングローンを組むことができる
2017年12月にローンチし、2022年11月2日現時点で時価総額ランキング149位

WAXの通貨記号

「WAXP」
保有量に応じて報酬を得ることができるステーキング、運営に関わる提案への投票権としてのガバナンストークンとして使用されている

WAXの創立者

暗号資産(仮想通貨)のパイオニアであるWilliam Quigley氏、Jonathan Yantis氏による共同設立

WAXのオフィシャルHP

https://on.wax.io/wax-io/

WAX(WAXP)の特徴

  • 開発当初はイーサリアムをベースに構築が検討されていたが、取引処理速度の遅延や手数料高騰といったスケーラビリティ問題が懸念点だった
    このスケーラビリティ問題を解決できるEOSをベースにすることでNFT取引の時間とコスト削減を実現
  • 既存のNFTアイテムの売買だけでなく、自身が作成した画像や動画などを簡単にNFT化して販売することができる
  • 日本の有名ゲーム会社カプコンが人気格闘ゲーム「ストリートファイター」のNFT作成にWAXを採用したことで話題になった
    他にもPCゲーム配信プラットフォームのRobot CacheやSONY PICTURESなど数々の企業と提携している
  • 暗号資産(仮想通貨)でキャッシングローンを組むことができる「SALT」と提携し、WAXPを担保に法定通貨を借りることが可能

WAXPの供給量

WAXPの総供給量は3,956,491,562枚で、現在の市場流通量は約20億枚

WAX(WAXP)取扱取引所

WAX(WAXP)は海外の取引所で取り扱われています

WAXP(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ 0x(ZRX)]

    0x(ZRX)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ エンジンコイン(ENJ)]

    エンジンコイン(ENJ)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ディセントラランド(MANA)]

    ディセントラランド(MANA)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[イーサリアム(ETH)]

    イーサリアム(ETH)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Celo(CELO)]

    Celo(CELO)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Osmosis(OSMO)]

    Osmosis(OSMO)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Flux(FLUX)]

    Flux(FLUX)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Casper(CSPR)]

    Casper(CSPR)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Braintrust(BTRST)]

    Braintrust(BTRST)